子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第820号  アンガーマネージメント

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は、メルマガをお読みの皆さんに、有益な情報を・・・というより、

今、私が興味を持っていることについてお話したいと思います。

(期待してくださった方はすみません)

私の母が認知症で、介護がけっこう大変・・・という話は、

以前もさせていただいたかと思います。

認知症という病気は、

つい2・3分前に起きたことも覚えていられません。

困っているから、と手を貸してあげても、

2・3分すると、又同じ事を言い出します。

一度目は、

「それは、さっきやったから大丈夫だよ」

と言えますが二度目、三度目になると、

さすがにイライラしてきます。

それが四度目、五度目、六度目・・・となると、

「今度は何?」「またそれ!?」「もういいかげんにして!」

になってしまうのですね。

私も「これではまずい」と、

母が夢中になれるものは、何か無いだろうか?

といろいろ探してみました。

母は、もともとハンドボールをやっていたので、

スポーツは大好きでした。

特に好きなスポーツは、フィギアスケートと、野球(巨人戦)、

でも、なにより大好きなのは「時代劇」という事が分かりました。

その中でも、特に好きな時代劇は“水戸黄門”でした。

ためしに水戸黄門のDVDを買ってきて、

これを見せるようにしたら・・・ビンゴ!!(^^)

約3時間ぐらいは、熱中して見てくれるようになって、

私のイライラや、怒りはかなり軽減されました。

ただ、軽減された、とは言っても、

イライラが無くなったわけではありません。

介護について、認知症について、

いろんな記事を読むようになったのですが、

そこで、「アンガーマネージメント」という言葉が目に留まりました。

これは、何か?と言いますと、

「自分の怒りに付き合う」という方法です。

どうやら近年「怒り」に対する研究がされており、

人、それぞれにあった対処法があって、

訓練によって、

その人の怒りに対する耐性も高めていけるらしいのです。

もともと、私は気が短く、喧嘩っ早くもありました。

その為、いろんなトラブルも起しました。

今は、それでも考え方を変えたり、

相手の立場になったり、イライラのメカニズムを取り入れたりして、

ずいぶんと怒りとはうまく付き合っているな・・・

とは思っていたのですが、

怒りに対して、画期的な対処法がある、

怒りがあっても、自分自身をコントロールできるようになる・・・

としたら、これはすごい事だな・・・と思ったのですね。

私が読んだ記事は、認知症患者が集まる介護施設の中の、

介護士の皆さんが、アンガーマネージメントを学び、

それを仕事に役立てている、という内容でした。

私がたった一人の母に対してイライラしているのに、

同じ認知症を持つ方達が集まり、一人で何人も担当する、

介護士さんたちは、私のイライラの非ではないでしょう。

そういう方々が、自分の感情のコントロールの為に、

アンガーマネージメントを学んでいる、と聞いて、

とても興味を持ったのです。

それと同時に、もし、私がその手法を学び成果があれば、

もちろん自分にもメリットは多いけど、

勉強をしておられる皆さん、イライラで悩んでいるお母さん、

相談をされる方にも、もっとレベルの高いお返事ができるのでは?

と思ったのですね。

それと・・・、怒りのコントロールについて、

私は以前から、不思議に思っていたことがありました。

例えば、今、サッカーワールドカップで、

なでしこジャパンが活躍していますが、

彼女達が、ピッチで、喧嘩になったのを見たことがありません。

相手から、あからさまにアンフェアな妨害を受けたとしても、

それでトラブルになったことがありません。

彼女達の関心は

“相手に邪魔された”“いやらしい妨害を受けた”ことではなく、

ゴールにボールを運ぶ、ただそれだけに集中しています。

それが、疲れていても、苦しい時でも、どんな時でも、常に・・・です。

私はそれを「すばらしい」と賞賛しつつも、

「自分にはできない」と、いつも思っていました。

もし「自分だったら、胸ぐらを掴んで、ぶん殴っちゃうな・・・」

なんて言うと、妻が横から、「それで、一発退場ね」と笑う。

私も「ほんとだ」と笑っていましたが、

でも、彼女達には、

「退場にならない為」

「自分のトラブルで仲間に迷惑をかけない為」

「怒りを持ってもぐっと我慢する」

とは見えないのですね。

そこに「腹立たしさ」や「怒り」や「悔しさ」は無い様な表情なのです。

特に澤選手には、相手への怒りは全く感じません。

倒されても、次の瞬間には、もう新たな方向を見ている、

そんな雰囲気を感じます。

明らかにファールだと分かる妨害を受けても、

怒りも持たず、相手も憎まず、

一心不乱にゴールを目指す、それがなぜできるのか?

そこに私は大きな疑問を抱いていたのです。

ですがどうやら、高いレベルで戦っている優秀な選手のほとんどが、

この「怒りとの付き合い方」を何かしら学んでいるのだそうです。

まだまだ、私も興味を持ち始めた・・・と言うレベルで、

深く学んでいるわけではありませんが、

「怒りの感情とうまく付き合えたら・・・どうなるのかな?」

と“知りたい・学びたい”感情がムクムクと湧き上がり、

久しぶりの高揚感にワクワクしています。

又、勉強したら、皆さんにシェアしますね♪

ご興味がありましたら、ご覧ください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
263 ■ マイナスからプラスを見つける ★★★★★
752 ■ 感情的に怒ってしまう自分を止めたい ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る