子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第265号 目標達成への道のり 2

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は、前回の続きです。

一輪車にチャレンジしたドロシーさん、親子。

その経過をご報告いただきましょう(^^)!

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーさんへ

こんにちは ドロシーです。

早速、返信メールありがとうございました。

> あと7日で乗れますよ!

え? そ・そ・そんな・・・7日だなんて無理!無理!

パピーさん、プレッシャーかけないで~ (~_~;)

> 乗れるようになったら、娘さんと2人で手をとって

> ぐるぐる回ったり、競争したり・・・

娘との約束、何で知っているの~?

と、パソコン相手に話しかけていました。(笑)

途中経過で、パピーさんにメールを送ったのも

恐怖心で凹んだ気持ちを、包んでもらいたかった・・・

何かのヒントをもらいたかったのかもしれませんね。

ちょうど、私がメールを送った直後のメルマガで

『不安や恐怖がより大きな不安や恐怖をよび

どんどん心の中で大きな存在になるのです。

強い不安や心配が、どんどんそのマイナス面だけを

クローズアップするから、その部分だけしか見えてこない。』

を、読みながら

「これって、今の私じゃん~。なんとタイムリーな話。」

と反省していたところに、パピーさんのメール。

> おー!楽しそう! 今から遊ぶ予定を組んでいた方がいいですよ(笑)

乗れない自分より(現在)、乗れている自分(将来)を想像して

ワクワクしながら練習すると上達が早いよ。

しかも、間を空けず、毎日練習することで、体で覚える事ができるから

短期間で乗れるようになるよ(海馬と一緒だよ~)。

という、パピーさんからのヒント(メッセージ)かな?

と考えを改めました。

それがですね・・・。

娘に、

「お母さんの先生から、毎日練習したら、

あと一週間で乗れるようになるって、メールが来たんだけど・・・」

「先生も一輪車乗れるんだよ!」

と話をすると、突然、目が輝き、

「え!一週間で乗れるようになる?」

「でも、毎日練習をして一週間だよ~」

「うん!練習するする!」

と言いながら、一輪車に乗っている自分を想像して(たぶん)

首をすくめ、笑みを浮かべていました。

『一週間で乗れるようになる』を聞いた瞬間の、

私の思いと娘の思いの正反対の考え方に

「この子って、すごいわ~!ポジティブ」と、感心させられました。

以前は、練習する時には、私から声かけしていたのですが

少し前から、娘から声かけをしてくるようになっていました。

(相変わらず、練習は短いのですが・・・)

それはきっと・・・

娘の通う小学校にも一輪車があって、よく上級生が練習しています。

1年生は2学期から使用できるらしいのですが、

娘が登校する時、上級生が楽しそうに手をつないだり、

グルグル回って練習している横を通って、校舎に行くので、

どうしても目に入ってしまいます。

どうやら、その光景が羨ましくて、たまらないらしいのです。

だから、毎日の練習が苦になるよりも、

上手になりたい気持ちが上回ったんでしょうね。

さっそく、私が帰宅すると、

娘から練習の声かけをしてくれて、1時間ほど練習を始めました。

「あと何日で、一週間になる?」と、毎日聞きながら

娘は、いつもの5倍は練習をしていました。

3日目・・・

娘は目標にしていた、

鉄棒からバスケット用のポール間の5~6m、

乗ることに成功したのです。

4日目・・・

この日の私は、鉄棒から離れて、

一人で飛び出す練習をしようと決心していました。

実際やってみると、ポールから手が離れた瞬間、

ペダルをこぐことを忘れて後ろに転ぶんです。

最長1m・・・ もう、冷や汗ダラダラですよ!

ただただ必死で、ワクワクする余裕さえなかったのです。

でも、私がいつもとは違う練習をしている姿を見た娘は

遊びをやめて、また一輪車の練習を始めました。

すると・・・、

5m・・・8m・・・10m・・・

・・・15m・・・20m・・・30m・・・と

だんだん、距離を延ばしていったのです。

もうビックリです!!(゜o゜)

「さっきのは何メートル?」

と聞きながら、何度も挑戦していました。

帰り道、「いつかは乗れるようになると思ってた・・・」

と娘が言いました。

パピーさんから、“一週間で乗れるようになる!”の一言と、

私は、“やって見せ(お手本)”は出来なかったけど、

練習する姿を見せることで、娘は乗れるようになったんだと思います。

パピーさんの言った通りですね・・・

約束の7日目・・・

娘は、ゆっくり一輪車を操って走るようになっていました。

私はというと、初歩の練習の一輪車を乗り越える事は、

補助なしでできるようになりましたが、

これといった成果はありませんでした。

恐怖心が消えたわけではないし・・・

でも、練習時間があとわずかになった時、

思い切って鉄棒から手を離すと突然、

“ふあふあ~”と雲の上を走っているかの様に、

体が軽くなり(無重力のような・・?)、

無我夢中でペダルをこいでいました。

どこへ走るかは、

「一輪車に聞いておくれ~」状態でしたが、

今までに体験した事がない“感覚の世界”でしたね。

「やった~!」の歓喜よりも、突然の出来事に

「あれ?今・・・一人で乗ってたよね?」と、

自分に問いかけていました。

でも、乗る姿勢はよくないし、鉄棒と平行でなければ、

恐怖心で1mしか走れない現実を知っているから、

素直に喜べませんでした。

この日の夕食後、プチシュークリームを積み上げて、

ローソクを飾りプチパーティーをしたんです。

最初、娘は

「え?なんで・・?」と、キョトンとしていましたが

「一輪車乗れるようになって、おめでとう!

毎日、よく練習を頑張ったね。」と。

息子には

「練習に付き合ってくれてありがとう~。つまんなかったよね?」

と、お礼を言うと、二人は照れ笑いをしながら、

ローソクの火を消しました。

あの日は素直に喜べなかったんですが、

この一週間、恐怖心と戦い、冷や汗ダラダラの練習のなか

なんとなく、乗る感覚をつかみ始めたのは事実ですし、

たった2回ですが、5mを乗った事も事実・・・(奇跡?)

もっと、自分を褒めてあげてもいいんですよね?

飛び出す勇気さえあれば、乗れそうな気がしています。

梅雨に入ったけど、これからも練習を続けます。 (^o^)丿

あとは、勇気とワクワクする気持ちだけですよね・・・パピーさん!

あ!【一歩一歩、ゆっくり行きましょう。焦らなくていいから・・・】

って、パピーさんの声が聞こえた!

ような気がする・・・ (*^_^*)

ドロシーより

ココまで・・・・・・・・・・・・

とうとう、乗れるようになったんですね。

感動です。そして、私は、このようにお返事しました。

ココから・・・・・・・・・・・・

ドロシーさん、こんにちは。パピーいしがみです。

おめでとうございます!

とうとうやったね。

本当に1週間で乗れちゃったね。

私が1週間と言った時、

「え~!」なんで分かるの?って思いました?

私が何をしたかって?

ドロシーさんと、娘さんの中にある

「潜在能力」の力を借りたんです。

前回のメールで、もう技術的には乗れてるな、

と感じました。

あとはきっかけと、乗り越える勇気だけだ、

と思ったのです。

そうなると、誰かから

「あなたは○○日に出来るようになる」

と言われると、自分の中にある潜在能力が

それを現実化するように働きだすんです。

こういう事って珍しくなくて、

テキストにあるイメージトレーニングもそうですし、

願望実現プログラムも全てこの力を使うんです。

そして、ある一線を越えてしまうと、

「あ、私って出来る!」

と知った瞬間に、突然、

「出来る人」になっちゃうんです(^^)。

まあ、そんな事?はどうでもいいか?

一生懸命頑張った、娘さん、

そして、あきらめなかったドロシーさんに

心の底から言いたいです。

「おめでとう」「よくがんばったね」って。

娘さんは、今まで以上に、

「頑張ればなんでも出来るようになる!」って

身をもって体験できて、

これは今後、本当に大きな力になると思います。

それから、ドロシーさんの言葉、

> この一週間、恐怖心と戦い、冷や汗ダラダラの練習のなか

> なんとなく、乗る感覚をつかみ始めたのは事実ですし

> たった2回ですが、5mを乗った事も事実・・・(奇跡?)

> もっと、自分を褒めてあげてもいいんですよね?

もちろんです。

というより、たった一回のまぐれじゃなくて、

もう2回も5メートルを一人でこげたのなら、

それは、「乗れている」状態ですよ。

履歴書に「特技=一輪車」って書いてもいいです(^^)

さあ、ではいよいよ、メルマガに掲載させてくださいね。

一応、確認をさせていただきますが、嫌だったら

おっしゃってくださいね。

ココまで・・・・・・・・・・・・

ドロシーさん、2週に渡って、メルマガに紹介させて頂きました。

ありがとうございました。

でも、本当に頑張りましたね。

苦しい事、辛い事だからこそ、

それを達成した時の喜び、感動ってひとしおなんですね。

それに、辛くても頑張る姿を子供(姉・弟)にも見せることができたし、

何と言っても、『お祝い』が良いですよ。

頑張った後にある、喜び、それを何かで表す事。

これは、子供達の心にも残りますしね。

あ、そう言えば、一輪車、

1年生は2学期から学校で使う事ができるのですね。

そうすると、クラスのお友達の前で、披露することができますね。

きっとみんなから羨望のまなざしで見られますよ(^^)!

楽しみですね~?!

ドロシーさんも、お疲れ様でした。

(でも、まだまだ練習は続くのですね。

これからも・・頑張ってくださ~い!)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る