子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第330号 約束

こんばんは。パピーいしがみです。

どうしても感情的に怒ってしまう。

そういうお悩みをお持ちの方は多いと思います。

特にお子さんがまだ、2・3歳で、

「いやいや」が多いときにはなおさらだと思います。

「こうすれば・・・?」「いや」

「じゃあ、こうする?・・・?」「いや」

あれもいや、これもいや、

だんだんイライラしてきて

「もう!いい加減にしなさい!」

なんて爆発しちゃう。

よくありますよね。

今日のお話は、いづコロさん。

子供さんはやっぱり「いやいや」が激しいのですが、

ちょっとしたお母さんの対応で、

びっくりするような変化があったお話なんです。

とても参考になると思いますので、

紹介させて頂きますね。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

今日は、ちょっと嬉しい事があったので、

久しぶりにパピーさんに報告したくて

メールしました。

夜、お風呂に入った後、

ドライヤーで娘の髪を乾かすついでに、

夕方の子供番組を録画したビデオを観せていたんですけど、

髪を乾かし終わって「もう寝るよー!」と私が言うと、

「やだ!!」という返事。

まあ、寝る前にビデオを見せてた私も悪いし、

無理矢理やめさせたらかえって泣くだろうなぁ・・・と思い、

「じゃあこの番組が終わったら寝ようね」と言うと、

「うん」と返事をしたので、

私もパピーさんのメルマガのバックナンバーを見つつ(笑)

待っていました。

そして数分後、観ていた番組が終わったので

「寝よっか」と言うと、今度は

「やだ~!!(>_<)」と激しく抵抗して泣き出す始末・・・。

テレビでは次の番組が始まっていて、

これも観たいと訴えてきました。

そこで私が、「じゃあいつ寝るの??」と聞くと、

娘は少し考えて、「・・・これ観たら寝る」と答えました。

私は、

(よーし、ちゃんと自分で考えて言ったな)と思い、

「じゃあママ、終わるまで待ってるからね」と言い、

番組が終わるまでまたメルマガを見て待っていました。

そしてまたまた数分後。

観ていた番組が終わって、また次の番組が始まりました。

私が「寝よっか?」と言うと、

また娘は「やだ!」と言いました。

そこで私は、

「ママ、○○チャンがテレビ終わったら寝るって言ったから、

待ってたんやけどな。じゃあママもう寝るから、

○○チャン、テレビ終わったら消して来てくれる?」

と言ったのです。

娘はまた「嫌!(>_<)」と言ったのですが、

少し考えて、「今テレビ消す!」と言ったのです!

私は嬉しくて、

「ホント~!?○○チャン偉いなぁ~!(>▽<)

じゃあ、ここのボタン押して、テレビ消してくれる?」

と言うと、すぐにテレビを消してくれました。

そして、「テレビ明日観る!」と言ったのです。

私はまた、

「○○チャン偉いね!そうやね、

ビデオやから明日も観れるもんね~!ママ嬉しいなぁ~!」

と言いました。

すると娘は嬉しそうに、「抱っこして!」と言い、

抱っこのまま布団へ入ると、

私の首もとにぎゅうっと抱き着いてきて、

「ママチャン大好き!」と言ってくれました。

私も嬉しくて、何回も、「ママも○○の事大好き!」

と言いました。幸せな時間でした。

ここでいつものように、

無理矢理テレビを消して布団に入っていたら、

娘はきっと大泣きしていただろうし、

私もイライラして自己嫌悪になっていたと思います。

何より、娘が自分で考えて行動してくれたのが、

すごく嬉しかったです。

私は、「待つ」事や継続する事がとても苦手で、

いつもすぐ結果を求めて、

少しやっただけで諦めてしまうんです。

パピーさんが、

「テクニックではありませんよ」

といつも言ってくれているのに、

それもわかっているつもりでいたけど、

なかなか結果が出せない自分に

「どうせ私には無理・・・」って、

どこかで諦めてしまっていたのかもしれません。

でも今日、自分なりに「待つ」事をやってみて、

何となくわかったというか・・・。

大人でも、観ているテレビを途中で消されたら

怒りますもんね。

子供も同じですよね。

「子供の立場に立って考える」って、

この事かな~?って。

なんか、長いメールになってしまってすみません(>_<)。

読んでいただけるだけで結構ですので。

また何かありましたら報告させてもらいますね!

パピーさんもお体に気をつけて、頑張ってください!

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

いづコロさん、メルマガ紹介のご許可、

ありがとうございました。

このメールを読んで、是非、

メルマガをお読みのあなたにお伝えしたいな~、

と思ったのは、子供さんとの約束の仕方なんです。

こんなシーンがありましたね。

> そこで私が、「じゃあいつ寝るの??」と聞くと、

> 娘は少し考えて、「・・・これ観たら寝る」と答えました。

> 私は、

> 「よーし、ちゃんと自分で考えて言ったな」と思い、

> 「じゃあママ、終わるまで待ってるからね」と言い、

> 番組が終わるまでまたメルマガを見て待っていました。

いづコロさん、娘さんに

「じゃあ、いつ寝るの?」と聞いて、

娘さんは自分で考えて答えを出していますよね。

実は、これってとっても大事なんです。

私達は、親が提案する事に子供が了解した(と思った)時、

「約束した」と判断をされているかと思います。

でも、子供にとってそれは、「約束」ではないんですね。

例えば、今回のような場合、

親「じゃあ、これ見終わったら、寝ようね」

子「・・・うん・・・。」

のように、親が、「これを見終わったら・・・」

という提案をして、子供が「うん」という返事をした時です。

こんな時、私達は、

『これを見終わったら寝るという約束をした』と判断します。

ところが、こんな場合、

「さあ、見終わったから寝ようよ」と言っても、

子供は、素直に「は~い」とは言わないですよね。

やっぱり「いや!もっと見る!」と言うのです。

でも、これってみんなそうなんですね。

なぜなら、この時の子供達の返事は、

深く考えての「うん」ではないからなんです。

私達は、「約束したじゃないの?」と思うのですが、

子供達は『約束した』とは理解していないのですね。

でも、今回のように、

『自分が考えて出した答え』というのは、

ちゃんと記憶に残ります。

そして、その約束が守られない時には、

「でも、あなたがそう言ったんだよ・・・。」

と言えば「あ、そうだ。自分が言ったんだった」

となるのです。

もちろん、それが全ての場合に当てはまるか?

と言ったらYESとは言えないのでしょうが、

こんな2・3歳の子でも、ちゃんと理解できる。

という事が私にとっては驚きだったのです。

子供達はちゃんとお話すればわかってくれるんですね。

いづコロさんがイライラせずに待った事。

又、感情的にならずに穏やかにお話できた事。

そして、娘さんが自ら考えて行動した事。

このお便りを拝見して昔聞いたこんな話を思い出しました。

「子供だって一つの人格を持っています。

子供を一人前として扱った時、自分で考え始めます。」

一人前として扱うというのは、

まさしく『認める』なんですね。

『強制・命令』をするのではなく『認める』事で、

子供達は自分で考え始める・・・のですね(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る