子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第418号 周りが変わる?

こんばんは。パピーいしがみです。

年末、年始にかけて、懐かしい方々からメールを頂きました。

今日は、そのなかのお一人、TKさんから頂いたお便りをご紹介したいと思います。

TKさんとのお付き合いは、もう3年になるんですね。当時小学校4年生だった長男さんは、今年中学2年生になるそうです。

子供さんが、中学生になると、「反抗期」などと言われ、本当に多くの方がお悩みになります。

でも、私は、そんな「反抗期」。実は無いと思っています。

ただ、自分の意思がハッキリして、自分で考え行動したいのですから、「自己主張」をするようにはなるはずです。

ですが、それは私たちも同じ。私たちも、「こうしたい」「ああしたい」って自己主張をします。

子供が「反抗期」になったのではなく、私たちが「一人の人」として対処すべき時が来たんですね。

当時、小学校4年生の頃は、かなり問題視されていた、TKさんの息子さんですが、世間では「反抗期」と言われる今なのに、何でも話せる間柄にあるようです。

そうなるまでには、TKさん、沢山の周りの変化を経験されたそうです。

それでは、ご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。

パピーさんと出会ってから、3年になろうとしています。今日は、私の周りの変化についてご報告させて頂きたいと思います。

パピーさんは、「変わらなくていいですよ。変わる必要はありません!」

と言って下さいますが、あえて言わせてください。私は、本当に変わりました。

それは、私が思うだけでなく、周りの方からも言って頂いています。

主人からも、職場の同僚からも、ママトモからも、そして子供達からも・・・。

3年前、本当に最悪でした。と言いますか、幼稚園の頃から小学校4年生までずっとです。

子供は学校でいじめをするし、どんなに叱っても耳を貸さない。主人とは喧嘩ばかり。相談したくても取り合ってくれない。

何で私ばっかり、こうなんだろう?何がいけないんだろう、どうすればいいんだろう?そんな事をいつもいつも考えていました。

いろんなところに相談に行きました。本も沢山読みました。どこでも言われることは、「あなたが変わらなきゃ」でした。

こうしたら?ああしたら?沢山の方法を伝授されました。でも、何も変わらないし、変われない。

「後は宗教しかないかな?」と本気で思っていました。

そんな時に、ネットで見つけたのがパピーさんの言葉でした。「変わらなくていいですよ。変わる必要はありません!」

という文字を見たときは、涙があふれました。「変わらなくていい」なんて本当に本当に初めてでした。

相談に行った時に聞かされた「あなたが・・・」という言葉。育児本に沢山あった「こうしなさい・・・」今、思うとそれってみんな「否定」だったんですね。

そして、主人にも、子供達にも、そして会社でも、私自身が、その「否定」ばかりを使って事に気がつきました。

実際にパピーさんとメールでやり取りをさせて頂くと、頭ごなしの「否定」って絶対にされない事がわかりました。

ですが、ただの「優しさ」だけでなく、常にぶれない一本の芯があって、その芯から外れると、ビシッと修正してくださる。

そして、私が気付けたり、理解できて、お返事をすると、理解できたことやその「気付き」にとても喜んで下さる。

「これが、叱るボーダーラインというものなんだろうな~」と身を持って学ばせてもらいました。

それからの私は、「こうしよう、ああしよう」ではなく、「パピーさんのようになろう」「パピーさんだったらどうするかな?」と考えるようにしたんです。

「パピーさんになったつもりで演じてみよう!」と思ったんです。女優です♪そこからです。私の周りが変わり始めました。

いじめばかりして、私の話も一切聞こうとしない息子でしたが、「パピーさんならどうするかな?」と考えた時、

多分、コチラからあれこれ言うのではなく、私が言葉を発するのではなく、息子のちょっとした話にも、耳を傾けて、喜んで聞くんだろうな、

そして「共感」したり「肯定」したりするんだろうな・・・。そう思い、やってみました。

そして、驚きました。

それまでは、何も話そうとしたがらない、何も聞こうとしてくれない、そういう息子でした。はっきり言って「問題がある子なんだ」と思っていました。

ですが、コチラが聞こう、共感しよう、肯定しよう・・・としたとたん、とても話しをする子だという事がわかったんです。

話をする時には、とても楽しそうに、笑顔で話をしてくれます。おどけたり、ギャグも大好きで、屈託の無い笑顔に、「こんなに綺麗な笑い顔なんだ・・・」って感動したことを覚えています。

主人にも同じです。「パピーさんが女性だったら・・・」と考えてみました。「してくれない、やってくれない」のではなく、

ほんの小さな事でも、してくれた事や、やってくれた事に、「〇〇してくれたんだね」「あ、もうやってくれたんだ」を言うようにしたんです。

(「ありがとう」は恥ずかしくて、最初の頃は使えませんでした)

主人にも、急激な変化がありました。あれだけ長い間、冷戦状態にあったのに・・・です。

してくれること、やってくれることが、ドンドン増えていったのです。もちろん、私の「やってくれたんだ」が増えました。

なんと、「ありがとう」まで言えるようになりました。この私の変化、びっくりデス。

そして、主人もとてもおしゃべりになりました。私は聞き役、笑い役になりました。

そうすると、私の周りには、いつも誰かがいて、いつも笑顔があるようになったんです。はっきり言って、『私が』毎日楽しいです。

タイトルの“幸せなお母さんに・・・”の意味を実感しています。

息子は、中学生2年生になりました。

パピーさんが言われた「スーパーマンになってあなたを守ってくれますよ」という言葉を身に染みて感じています。

周りのお母さん達が、今、子供さんとの関係でとても困っています。

ですが、ウチの場合、毎日笑顔で、子供との会話がありますし、部活も、勉強も、友達関係も、とても良好です。

小学校の頃はあれだけ、学校で問題視されていた子なのに、今では先生から「頼りにしているんですよ♪」なんて言われるほどです。

実は、先日、以前のママトモさんから、「お宅の教育方針を教えて」と聞かれました。「何でこんなに変わったのか、ずっと聞きたかった」との事でした。

でも、答えられないもんですね(^^)。

もちろん、パピーさんの事は伝えましたが、「方法」ではないんだな・・・って今は本当に感じています。

ココまで・・・

TKさん、メルマガ紹介のご許可、ありがとうございます。もう3年になるんですね。懐かしくて、昔のメールのやり取りを読み返してみました。

仰るとおり、当時のTKさんは、「何をすれば、今の状態から抜け出せるか」方法ばかりをお求めだったようです。

でも面白いですね。今は、

“でも、答えられないもんですね(^^)。もちろん、パピーさんの事は伝えましたが、「方法」ではないんだな・・・って今は本当に感じています。”

とありました。

TKさんもお感じになっているようですが、「何をしたから」ではないんですね。問題を解決する為に意識して「何かをする」のではなく、違う考えをすることで、行動が違ってきた。

そして、周りの人たちはそれを受け入れてくれた。ただそれだけなんですね。

意識して「何かをする」というのは、普通でない状態です。自分の中でムリをしているんです。

「否定」しながら、行動をしているわけです。だとしたら・・・ストレスを感じますよね。ストレスを感じていれば、楽しくありません。だから、長続きしないんですね。

でも、違う考え方が出来ると・・・楽しくなりそうです。まずは、考え方・・・なんですね。

でも、ガラッと変える必要はありません。

ゆっくりゆっくり、ひとつひとつ、「そういう考え方もあるんだね」って学んでいけばいいんです。

新しい考え方が身に付いてくると、周りが変わってくれますよ(^^)TKさん、貴重なお話をありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る