子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第461号  先生の言葉

こんばんは。パピーいしがみです。

いろんなご相談を伺い、お返事をさせて頂き、

その後の経過や喜びの声をお聞きすると、

「あ~、良かったな~」って、とても嬉しくなります。

それは、原因が明確で、比較的すぐに結果の出る場合と、

発達に関連する事の様に、時間が掛かる場合とがあります。

特に、発達に関する件でご相談頂いた時には、

長期に、そして我慢強く継続して頂く必要があるのですが、

その変化を定期的に、又、逐一報告してくださる方がおられます。

このメルマガを長期にわたって読んでくださっていたり、

「子育てのイライラガミガミがなくなる本」をお読みくださった方なら、

ご存知だと思いますが、お子さんがアスペルガーと診断されて、

5歳の時からご相談・ご報告頂いている、ポコさんです。

(もう小学校3年生になるんです♪)

ポコさんの娘さんは、初めての事がとっても苦手で、

最初の一歩が踏み出せない。慣れない事がとても苦手。

小さい頃から、育てにくくて、なぜだろう?どうしてだろう?

ととてもお悩みになった、との事でした。

今までもメルマガで掲載していますので、

もし、よろしかったらご覧下さい。

https://www.age18.jp/back187.html

(診断された時の話が書かれています)

ちなみに、1年目のポコさんの目標は、

「一年後、私も娘もたくさんの希望と期待と喜びをもって

小学校に入学する!」

でした。

でも、ポコさんにとっては、とても大きな、

「ムリかもしれない」と思うほどの目標だったのです。

ですが、その子ももう3年生。

そして、すくすくと成長してくれていて、

もう、以前の心配がほとんど影を潜めてしまったのです。

それでは、ご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。ポコです。

大変ご無沙汰しております。

娘は三年生になりました。

パピーさんにいろいろ相談にのっていただいていたのが年長の時。

もう三年もたったんですね。子供の成長は早いです!

今回は初めてのクラス替えがあり、

娘は仲良しの子と同じクラスになりました。

それはとても安心できてうれしいことなのですが、

「絶対○○ちゃんと一緒のクラスになりたい~!」

と言うような友達が娘にできたこと、これが一番うれしいことです。

先生は他校から赴任してきた超ベテランの女性の先生です。

二年生の一年間、娘は特別な支援を何一つ受けることなく、

なんの問題もなく学校生活を送ってきました。

担任の先生にも「アスペルガーであるとは思えない」と言われ、

来年度の先生には話す必要すらないとまで言われました。

病院でも「もうボーダーの域だ」と言われているので、

先生がそうおっしゃってくださるのもわかります。

新学期からも、娘は普通に楽しく学校に通っているので、

先日の家庭訪問の時まで、先生には何も伝えていませんでした。

そしてその家庭訪問の日、玄関先だけの訪問だったのですが、

娘はちょうど遊びに来ていた友達と一緒に、先生に

「こんにちは~!」と元気に挨拶しました。

すると、先生は、

「いつもこんなふうに私のところに話しに来てくれるし、

友達関係も良好だし、他の女の子みたいに

人の告げ口ばかり言いに来るようなところも全然ないし。

お母さんから見ても、なんの心配もないでしょ?」

と言われたんです。

まだ娘とかかわって一か月。

でも、一か月間、ベテランの先生が見た娘に対する感想です。

パピーさん、私の嬉しさ、わかっていただけますよね!!

全く先入観なく見てもらい、こんな言葉をいただきました!

その後、先生には過去の経緯をお話ししました。

親身に話を聞いて下さり、

「このことを胸に置きながら、ちゃんと見ていきますね。

でも、お母さんが小さい時から

しっかり娘さんを見ていらっしゃるから

きっともう大丈夫ですよ!」

と言ってくださいました。

またいい出会いがあったんだな、と嬉しく思っています。

うちでも、やんちゃになってきた弟に、ホント優しいお姉ちゃんです。

お風呂で抱っこしててくれたり、離乳食を食べさせてくれたり。

娘なしの子育てが想像できないくらいです・・・!(笑)

反抗も一人前に(?)するようになり

「もう!今やろうと思ってたのに~!!」

というセリフ、一日に何回も聞いてます・・・。

でも、何回も言わせてちゃダメなんですよね。

先日のメルマガを読んで、また茂木先生のテレビを見て、

私が小言が多すぎるんだと反省したところです。

自主性が育つように待つ。なかなか難しいことですが、

今いろいろ工夫しながら頑張っています。

そして息子の方ですが、

今のところあまり手がかかることなく育っています。

誰にでもニコニコして、愛嬌をふりまくタイプで、

みんなにかわいがられています。

こういう子って得だなぁ~と、見ていてつくづく思います。

おかげで私も外でいろんな人に声をかけられ、息子に

たくさん幸せをもらっています!

( 後 略 )

ココまで・・・

ポコさん、メルマガ紹介へのご許可、ありがとうございます。

今までも、ポコさんには、メルマガに掲載させて頂いていますが、

それは、私だけでなく、ポコさんのお話を聞いて、

「とても勇気付けられます。私もがんばろう!って思います」

というメールやお便りを頂くからなんです。

メルマガにこうやって掲載する前には必ずご許可を頂きます。

ですが、公開することで、プライバシーもさらされる事になります。

それは、親もそうですが、

子供にとってもプラスばかりではありません。

それに『障害』という診断があった時は、

よりデリケートなものである事はいうまでもありません。

ですが、ポコさんは、いつも了解してくださるんですね。

「私の体験をお話しすることで、誰かのお役に立てるのなら」って。

本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

今回のメールに、こうありましたよね。

> そしてその家庭訪問の日、玄関先だけの訪問だったのですが、

> 娘はちょうど遊びに来ていた友達と一緒に、先生に

> 「こんにちは~!」と元気に挨拶しました。

 

> すると、先生は、

> 「いつもこんなふうに私のところに話しに来てくれるし、

> 友達関係も良好だし、他の女の子みたいに

> 人の告げ口ばかり言いに来るようなところも全然ないし。

> お母さんから見ても、なんの心配もないでしょ?」

> と言われたんです。

 

> まだ娘とかかわって一か月。

> でも、一か月間、ベテランの先生が見た娘に対する感想です。

> パピーさん、私の嬉しさ、わかっていただけますよね!!

> 全く先入観なく見てもらい、こんな言葉をいただきました!

今までの経緯を知らない新しいベテランの先生に、

> お母さんから見ても、なんの心配もないでしょ?

と言われた。

つい3年前は、小学校にいけるだろうか?

を真剣に悩んでおられたのです。

いえ、ポコさんは、ほとんど不可能だと思われていたのです。

ですから、今回の先生の言葉、その嬉しさは、

本当に本当に大きかったと思います。

もちろん、ポコさんも努力を重ねました。

「認める」「褒める」「包む」も一生懸命実行されて、

それでも、気持ちが揺れる事もありましたし、

苦しくて、悩んで眠れない日もありました。

ココまでくるにも、簡単ではなかったんですね。

でも、それもわずか3年。

多分、もう心配は要らないでしょう。

ポコさんは「私は十分幸せなお母さんです」と言って下さっていますが、

いえいえ、素晴らしい出来事はこれからですよ(^^)

今まで3年間、一心不乱に努力された分だけ楽しい事が返ってきます。

さて~?何が起こるか、楽しみです(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る