子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第561号 1/4の奇蹟

こんばんは。パピーいしがみです。

今月のとある日曜日。私は神奈川県のある中学校に行ってきました。

それはある映画を見、その映画の主人公である一人の女性の

公演を聞く為でした。

事の始まりは、みきたろうさんから頂いた一通のメールでした。

そこにはこうありました。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。

今、わたしは感動で胸がいっぱいです。涙があふれてとまりません。

今日、養護教諭であり作家の山元加津子さんを主人公とした

ドキュメンタリー映画、4分の1の奇跡を見てきました。

ご存知かもしれませんが、そのメッセージは多くの感動を生み、

口コミで全国に広まっている映画です。

山元さんは、養護教諭として出会った子どもたちと過ごしていて、

障がいをもつひとや病気を抱えるひとが、

どんなにかけがえのない素晴らしい存在かを、

静かな、でも強いメッセージで伝えていました。

映画では科学者や歴史学者、産婦人科医などなど、

あらゆる分野の人が登場するのですが、

映画の中でも言われているように、

不思議とそれらのメッセージが共通しているのです。

そして、そのなかには驚いたことに、

パピーさんのメッセージと同じものがたくさんあって、

涙しながら「ああ、これは○章のメッセージ!」

と思いながら観てました。

本当に大切なことは、つながっている!そう感じました。

そしてさらに、パピーさんからの前回のメールを思い出しました。

つながってる!偶然ではないものを感じました。

( 中 略 )

これほど、自分が、家族が、

あらゆる命が愛しく感じたことはありません。

不思議と真っ先にパピーさんにお伝えしたくて

・・・メールしました。

ココまで・・・

みきたろうさん、真っ先のメール、ありがとうございます♪

私は、このメールを頂いて、何かとても気になって、

「すぐにも見てみたい」と思ったのです。

そして、みきたろうさんに詳しい事を聞き、

“直近でこの映画を見ることができる場所はないですか?”

と教えてもらったのが、冒頭にお話ししました、

神奈川県のある中学校だったのです。

この映画は「ドキュメンタリー映画」と言っても、

プロが撮影したものではありません。

もちろん、映画館で見るようなものではありません。

とても手作りで、シンプルな・・・

でも、口コミで全国へ広がり2009年6月の時点で、

450か所、5万人の方が御覧になったそうです。

それらはすべて自主上映会なんですね。

映画を見て感動した方が「他の方にも教えたい」

という気持ちで自主的に(自費で)上映会を開いているのです。

その広がりは日本だけにとどまらず、

今、世界にまで広がっているとのことでした。

今日は、その映画の内容について、

ほんの一片ですが、お話しさせて頂こうと思います。

まず、主人公の山元加津子さんですが、

この方は、特別支援学校(旧・養護学校)の先生です。

とても華奢(きゃしゃ)で小さく・細く・弱々しく見えます。

発する言葉もとても小さく、ささやくように話されます。

ご本人が仰るには、

握力わずか7kg、方向音痴で運動音痴、おまけに泣き虫・・・

障害を持って特別支援学校で学ぶ生徒さんからも、

「私が手伝ってあげる」と言われるような存在だったそうです。

ですが、その山元加津子さんが精力的に全国各地を

(すでに500か所を超えたそうです)公演して回っています。

その理由は、難病で亡くなった雪絵ちゃんとの約束だったから、

だそうです。

雪絵ちゃんは、多発性硬化症という難病を抱えていました。

多発性硬化症とは、脳やせき髄、視神経など、

体の広範囲にわたっていくつもの病変がおこり、

体を動かせなくなったり、目が見えなくなったり、

沢山の神経症状が再発を繰り返す病気なのだそうです。

入院中の雪絵ちゃんはある日

「何かうれしくなるような話しをして」と山元先生に言います。

山元先生はテレビで見たという科学番組の話しをしました。

それは「重い障害の人がいたからこそ村は絶滅から守られた」

という内容だったのですが、それを聞いた雪絵ちゃんは、

「私達だけで、こんなに良い話しを知っているのはもったいない。

病気や障害がとても大切だ、ということ。

みんなが素晴らしい役割を持っている事。

それが科学的に証明されている事。

そんなことを、世界中の人が当たり前に知っている世の中に、

かっこちゃん(山元先生の愛称)がしてほしい」

山元先生は、「そんなの無理だよ」と言おうとしますが、

「何も言わないで約束して」と山元先生は頼まれます。

雪絵ちゃんはその後、亡くなるのですが、

今、山元先生は雪絵ちゃんとの約束を守るために、

依頼されたらどこへでも公演活動に出かけるそうです。

では、その雪絵ちゃんが「こんなに良い話し」と言った、

1/4の奇蹟について、お話ししますね。

これは、NHKで放送されたものだそうです。

ココから・・・

昔、アフリカのある村で、マラリアという伝染病が大発生しました。

その村は、マラリアの伝染によって絶滅しそうになります。

ですが結果として絶滅する事はありませんでした。

科学者や医師達が、どうしてその村が絶滅しなかったか?

について詳細に調べました。

その結果、その村には“マラリアにかかりにくい人がいる”

という事が分かったのです。

そのマラリアにかかりにくい人は、共通して鎌状赤血球という、

本来の形でない赤血球を持っていたのです。

(鎌状赤血球は、アフリカやインドに多い、遺伝性の病気で、

発作が起きるとかなり苦しく激痛を伴うそうです)

科学者や医師達は鎌状赤血球を持つ人の兄弟や家族、

その子孫を徹底的に調べました。

その結果、その人達は3つのグループに分かれる事が分かりました。

ここでは便宜的にABCで分けてみます。

Aのグループ

鎌状赤血球の遺伝子をもたず、障害も持たない人達。

この人達は全人口の1/4でした。

Bのグループ

鎌状赤血球の遺伝子を持っていて、障害を持っていない人達。

この人達は全人口の2/4でした。

Cのグループ

鎌状赤血球の遺伝子を持っていて、その遺伝子が原因で、

障害を持っている人達。

この人達は、全人口の1/4でした。

マラリアが大発生した時、鎌状赤血球の遺伝子を持っていない

“Aのグループ”の人達は、マラリアにかかって、

全員、亡くなってしまいました。

生き残ったのは“Bのグループ”と“Cのグループ”の人達でした。

この人達が生き残ってくれたおかげで、

今もその村の人達は生き続ける事ができています。

そして番組では、マラリアに強く、

障害のない遺伝子を持った“Bグループ”が存在する時、

必ず、重度の障害を持った“Cグループ”も存在することになる。

と紹介しました。

番組では、障害を持った1/4の“Cのグループ”がいなければ、

健常な“Bのグループ”は存在することはなかった。

“Cのグループ”の方達がいなかったら、

その村は絶滅していた、という事になるのです。

と説明したのでした。

この「1/4の人達がいてくれたこと」

それがこの村を救ってくれたんだ。

それが・・・「1/4の奇蹟なんです」

と山元先生は言われるのです。

山元先生は続けます。

もし「障害を持った人は、いらないんだ」と言う

考え方が有ったとして、障害のある人を排除していった時、

マラリアに強く、障害のない遺伝子をもった人は、

決して生まれてこないんだそうです。

それが遺伝子の進化なのだそうです。

これは、このアフリカのある地域で起きた事だけでなく、

どこにでもある事なのではないでしょうか?

私達が、こうやって元気で生きているのは、

もしかしたら、過去に、病気や障害を持ち、

苦しみながらも生きてくれた人達がいてくれたから、

ではないかな?って思うのです。

ココまで・・・

映画や公演は、全部で約4時間にわたり、

もちろんこの「1/4の奇蹟」の内容だけでなく、

とても多岐にわたり、ほのぼのしたり、思わず涙を流したり、

とても濃い内容で、この紙面ではお伝えできないのが残念です。

特に私としては、自分の消えゆく命を感じながら、

「病気や障害がとても大切だ、ということ。

みんなが素晴らしい役割を持っている事。

それが科学的に証明されている事。

そんなことを、世界中の人が

“当たり前に知っている世の中”になってほしい」

と懇願して亡くなっていった雪絵ちゃんと、

その雪絵ちゃんの願いを必死に叶えようとする

山元先生の姿に心を打たれました。

この映画を見て、山元先生の講演を聞いて、

私自身、病気や障害に対してかなり見方が変わりましたし、

きっと多くの人の力や勇気にもなるんじゃないかな?

って思いました。

今回、このメルマガを書くに当たって参考にさせて頂いた、

「1/4の奇蹟(マキノ出版)」には、

この映画を教えてくださったみきたろうさんのように、

「これほど、自分が、家族が、

あらゆる命が愛しく感じたことはありません」

と多くの方が、映画を見た感想を述べておられます。

もし、まだ御覧になっておられない方は、

是非、御覧頂きたいと思いますし、

映画を見る前に本を読んでみたい、と思う方は、

是非、本を読んでほしい、と思います。

最後に、この「1/4の奇蹟」公式ページと上映会について

ご紹介させて頂きます。

(携帯でご覧になっていらっしゃる方は、

もしかしたら、開けないかもしれません。

その時は、パソコンにURLを転送するなどして、ご覧下さい)

●「1/4の奇蹟~本当の事だから~」公式ページ

http://www.yonbunnoichi.net/

●各地で行われている映画上映会のページ

http://www.yonbunnoichi.net/joueikai/yotei/

●それから、私の手元にある書籍

“1/4の奇蹟「強者」を救う「弱者」の話・マキノ出版”ですが

これには、DVDが付録で付いていて、

そのDVDには山元先生の上記以外の3つお話しと、

この映画の予告編も入っていて、わずか1000円でした。

これは、もう絶対にオススメですが・・・

どうやらあまり在庫がないようです(^^)

念のためにURLを記載しておきます。

http://www.makino-g.jp/bookdetail/isbn/978-4-8376-6171-9/

今回は、紹介だけですみません。

でも、本当にご覧頂きたい映画です♪

みきたろうさん、素敵な情報をありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る