子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第723号 緩む時ほど締めましょう

こんばんは。パピーいしがみです。

夏休みですね~(^^)楽しいお休み、過ごされていますか?一部では雷雨の所もあるようですが、全国的に、異常なほどの暑さで40度を超えた所もあるみたいですね。熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね。

そんな熱中症も心配ですが、私は、この時期、もうひとつ心配な事があるのです。それは・・・水の事故です。

この夏休みに、必ず川や海での子供の事故がニュースになります。どうしても避けられなかった・・・という事もあるかもしれませんが、大事に大事に育ててきた子供さんが一瞬にして命を失う。そういう事が実際にあります。多発しています。

なので本当に気を付けてほしいのです。実は、そう言っている私にも1度だけ、子供が川に流されてドキッとしたことがありました。

あれは、長男が小学校3年生位、長女が小学校1年生、次女が5歳ぐらいだった・・・と記憶しています。

家族で川に行って、子供たちは浅いところで遊んでいました。3人ともスイミングに通っていましたので、「泳げない」事は無かったのですが、念の為に次女には浮き輪にロープを付けてありまして、長女も次女と一緒にはしゃいでいました。

私はそれを見ながら、先に日避けテントを張ってしまおうと、テントを張りながら、ちらちらと子供を見ていましたら、腰のあたりの水かさで遊んでいた長女がズボッと深みにはまり、そこから下流に流されてしまったのです。

本人は、それでもキャッキャッ言っていましたが、私は、ビックリして川に飛び込みました。

一生懸命に泳いだつもりでしたが、娘に手が届くまでには、非常に長い時間が掛ったように感じました。まるで目の前がスローモーションになったようでした。

ようやくたどり着いた時、娘は眼を開けて水の中に沈みそうになっていましたが、必死で抱きかかえ事なきを得ました。

後にも先にも、今まで、そんな経験をしたのは、それっきりですが、本当に『何があるか分からない』と、身を持って体験しました。

ですから、水の事故のニュースを聞くたびに、あのときの恐怖を感じ、どれほど親御さんは悲しみ、ご自分を責めているだろうか?と自分の事のように、胸が痛くなります。

それと・・・もう一つ水の事故で気を付けてほしい事があります。

それは家庭のお風呂での事故なのですが、こういう事もあるんですね。ある会員さんから頂いたメールからの抜粋です。

ココから・・・

( 前 略 )パピーさんのおかげで、2歳の娘はお風呂大好きになりました。今まであれだけ嫌がっていたお風呂も、シャワーも、今は気持ちが良いみたいで、昼間もプールがわりに遊んでいます。

でも、その件で、パピーさんには感謝してもしきれない事が起きました。それは、昨日の事です。

私が洗濯物を畳んでいる時、いつも傍にいる娘がいません。「○○ちゃ~ん、どこにいるの~」「かくれんぼしているのかな~?」と言ってみました。

娘は時々、かくれんぼをして「ば~っ」を喜んでします。昨日も、いつものそれかな?と思ったのですが、声がありません。

「もしや?」と思って風呂場に走って行きました。そしたら・・・娘がお風呂場の戸を締めて、バスタブの中で1人、遊んでいたのです。

娘は自分からお風呂に入ることはできません。いつも主人か私と一緒に入り「抱っこして」入れています。ですが、きっと遊んでいるうちに、1人で入ってしまったのだと思います。

泣きもしなかったので、私も気付かずにいたのですが、これって・・・怖いな~と青くなりました。

私は、今までお風呂の残り湯でお洗濯をしていましたが、パピーさんから「親が傍にいない時はお風呂場の水は必ず抜いておくように」「わずか10センチでもアクシデントが起きたら危険です」と言われてから、そうしていました。

ですが、もしパピーさんにその助言を頂いていなかったら・・・娘はどうなっていたかは分かりません。

ぞーっとしたとともに、貴重なアドバイスをいただけて、本当に良かった・・と胸をなでおろしました。

もちろん、娘を叱らなかったですよ♪「ここにいたの~(^^)心配したんだよ~」と言ったらにっこりしていました。

私たちの一瞬の隙や、油断で、この笑顔を失うかもしれないと思うと、注意してもし足りないことは無いんだな~と痛感しました。( 後 略 )

ココまで・・・

このお話しを読んでいる時も、私はドキドキだったのですが、(水の事故には人一倍敏感なんだと思います)でも、事故を未然に防げていたようで、ほんと、良かったです。

上記の会員さんからは「注意してもし足りないことは無いんだな~」と書かれていて、“それでは親の気が休まる時が無い”とお感じになったかと思いますが、そんな事は無いのです。

危険な事があるかもしれないな・・・と予測をして、その事故が起きる可能性をできるだけ低くすることと、子供の行方を親が常に見ている、感じていれば大丈夫です。

(長いお休みは親も開放的になってしまうので、いつも張っているアンテナまでお休みしてしまう場合があるんですね)

親の視界から、子供が外れてしまった時が、危険なので、それさえ注意をして下されば大丈夫ですし、もし何かあっても、大事にはならずにすみます。

せっかくの夏休み、水を差すようですが、事故はどこで起きるか分かりません。是非、注意をして、楽しい休みを過ごしてほしいです。

それでは、まだ数日間、お休みは残っていると思いますので、有意義な、充実したお休みにしてくださいね♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る