子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第996号 マイナス思考の改善

こんばんは。パピーいしがみです。

あっと言う間に11月ですね。今年も残すところあと2カ月となりました。少しずつ寒さを感じるこの頃ですが、体調に気を付けて下さいね。

さて、今日のメルマガですが、以前お送りしたメルマガの中で「この部分について詳しく知りたい」というご連絡があったので、それについてご説明しようと思います。

そのご質問とは992号のねむの木さんから頂いたメールに記載されていた

“自分自身、マイナス思考で、不安と愚痴ばかりでしたが、

『プラス思考になりたい、最初の1歩として、マイナスの言葉が出てしまったら、「・・・って、いうのはうそ♪」と言ってみる。マイナスの言葉をいったん消去する』

というパピーさんの教えで、ようやく抜け出すことが出来ました”

とあった部分です。

992号のメルマガをお送りした後、

「マイナス思考って治せるんですか?」「私も不安と愚痴ばかりで悩んでいます」「【マイナスの言葉をいったん消去する】のやり方を教えてください」

というご質問を頂いて、多くの方がマイナス思考に悩んでおられて、改善したいとお考えなんだな・・・一度お話しさせて頂こうかな?と思ったのですね。

ただ、ねむの木さんには効果があったみたいですが、全ての方に合致するか?というとそうではないと思いますので、ご参考程度にお考え頂ければ・・・と思います。

まずマイナス思考・プラス思考に関わらず・・・私たちの考え方として、何かが起きると、「それはラッキー(良い事)だ」とか「うわ・・・残念(悪い事)」と善・悪で考えますよね。

ですが、それは本当に良い事なのか、本当に悪い事なのか『実はどちらとも言えない』という事を知っておいてほしいです。

例えば、車に乗ってたまたま一旦停止の標識に気が付かず、そこいた警察官に違反キップを切られて罰金を払う事になってしまった・・・。

多くの方はこの時「最悪」とか「ツイテない」って思います。時には「警察官は違反するまで待ってたんだ、意地が悪いな!」と恨んだりします。

ですが、本当にそれが最悪か?ツイテいなかったのか?というと、そうとは言えません。

その時、もし子供が急に自転車で目の前を横切って接触し、道路に投げ出されたりでもしたら・・・本当に最悪の状態になったかもしれません。

そう考えてみると、違反キップを切られたことは、確かに歓迎すべき事ではないのですが「最悪」ではないし、

逆に「今後は気を付けよう」と思わせてくれたり、最悪の事が起きる可能性を減らしてくれたとも考えられるのですね。

同じように、私たちの周りにはいろんな事が起きます。

そしてそれを現時点だけの視点で「良い事」「悪い事」と捉え、悪い事があると「まただ・・・ああ、ツイテない」や「最悪だ」と口にするのは、とてももったいない事なんです。

そして、この「口にする」って事が、どんどんその意識を積み上げていくのです。

本当は、その時々に起きている、いろんな出来事はそれほど私たちに大きな影響は与えていないのですが、マイナスだと捉え口にすることで、自分で自分を嫌な気持ちにさせ、又そこから新たなトラブルを起こしてしまったりします。

例えば何か失敗して「あ~、又失敗しちゃった。なんで私はいつもこうなんだろう」と口にすると、

今までしてきた失敗の山に、又一つ、新たな失敗を上乗せする。そして「やっぱり自分はダメなんだ」とさらに自分を否定してしまうんです。

「私って、ほんとにダメ」「いつもついてない」「又、やっちゃった」

誰かに指摘されると、どーんと落ち込みますが、自分で口にする場合も同じで、愚痴や不満や不安を口にすることで、どんどん自分を「ダメ」「ツイテない」と追い込んでしまうのです。

そしてそんな落ち込んでしまった時は、イライラしやすくなったり、怒りっぽくなったり、攻撃的になってしまう。

そうすると・・・どうでしょう?トラブルは起きやすい状態になりますよね?

だからと言って、愚痴や不満や不安を口にしない・・・って事は、なかなか難しく、口にしなくても心でそう思っているだけで、自分を否定し、ダメな自分をコーティングしてしまうんです。

その対策として「私って、ほんとにダメ」と言ってしまったら、その後に「・・・って言うのはうっそ~♪」と、あえてちょっとおちゃらけて言葉にしてみるんです。

言葉にせず思っただけの時も「・・・っていうのはうっそ~♪」って小声で言ってみてもいいです(^^)

とにかく、マイナスの言葉を吐いたり、思ったりしたら、それを打ち消す言葉をしゃべってみるんです。(もちろん小声で結構です)

すると・・・今まで凹んでいた気持ちが少し軽くなったり、ちょっと笑っちゃったりして「あれ?今までのあのひどく落ち込んだ気持はどこに行ったんだろう?」と感じたりするのですね。

これを文章にすると「マイナスの言葉をいったん消去する」という事になるのですが、やることは簡単で、ちょっとおちゃらけて「・・・って言うのはうっそ~♪」と言ってみるだけです。

もちろん、これで全ての人のマイナス思考が改善する・・・なんて言いません。ですがやってみて少しでも「いいかも?」と思ったら、続けてみる価値があるかもしれません。

この「マイナスの言葉をいったん消去する」をやってみた方から、こんなご感想を頂いたので、紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。先日は丁寧なお返事をありがとうございました。中でも「・・・っていうのはうっそ~♪」の口癖は、私にとってとても効果がありました。

もともと私はマイナス思考で、とてもネガティブ。「はぁ~」とか「あ~あ(しんどい)」「最悪」が口癖でした。

3歳の双子の兄弟に手を焼いて、寄れば触ればケンカして、(言われても言われても同じことの繰り返しで)「はぁ~もう・・・」と思わず口から出ていました。

その時(そういえば、そんな時「・・・って言うのはうっそ~♪」って言ってみると良いってパピーさんが言ってたな)と思って、

小声で「・・・と言うのはうっそ~♪」って言ってみたのです。

そうしたら、意味もなく笑ってしまって、今まで不機嫌だったはずの私に突然「ンフフ・・・」と自然と笑みが込みあがってきました。

それを見た兄弟が「あ、お母さん、笑ってる♪何か面白い事あった?」とケンカをやめてまとわりついてきたんです。

今まで、何度も「やめなさい」と怒ってもやめなかったケンカだったのに、私が笑った、ただそれだけで子供のケンカが終わったこと。

そして何より、今までイライラしていた気持ちがガラッと変わったことが私としては驚きで「このやり方、良いかもしれない」といろいろな場面で使っています。

又、ある日は仕事が終わらず、保育園に迎えに行くのが遅くなりました。又、そんな時に限って道路は渋滞していて、イライラのMAXでした。

保育園には連絡をして「少しぐらい遅れても大丈夫です」とは言われたのですがイライラは治まらず、舌打ちをして「なんだよ~早く行けよ~」と愚痴を言ってしまった後、

あっと思いだして「・・・って言うのはうっそ~♪」と口にしてみました。

すると、あれだけイライラしていた気持ちがふっと落ち着き「焦ってもしょうがない」と気持ちが切り替わり、安全運転で幼稚園に着くことができました。

子供を乗せて帰るその車内もイライラすることはなかったです。

とても良い対処法を教わって、自分を卑下してしまう時、不満を感じている時など、上手に切り替えることができて役に立ってます♪

(後略)

ココまで・・・

ねむの木さんは、ご自分のマイナス思考を改善するのに役立ったみたいですが、このように「気持ちの切り替えができる」としたら、お役に立つ方は沢山いらっしゃるのではないかな?と思います。

もちろん、これが全ての方に有効な訳ではないと思います。すべてのマイナス思考がこれで治る・・・という訳でもないので、もし試してみて「あ、これ良いかも?」とお感じになったら続けて頂くと良いかもしれません。

※ ご興味がありましたら、ご覧ください。

★★★ 通信講座「幸せなお母さんになる為の子育て」★★★

関連記事

ページ上部へ戻る