子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第200号 難しかったら細分化

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は、メルマガ200号です。

「早いなー!もう200回になるんだ・・・。」

と感慨もひとしおです。

そういえば、11月に、『まぐまぐ殿堂入り』したみたいです。

皆さんのおかげです。ありがとうございます。

さて、記念の200回には何をお話しようか?

と思っていましたが、今までお話していなくて、

でも、かなりご相談の多かった「自転車の補助輪はずし」

についてお話したいと思います。

自転車の補助輪はずしは、皆さんとっても苦労されると思います。

子供達にとっても、最初の乗り越える壁なんでしょうね。

何度もころび、「もうやらない」なんて泣き叫んで、

教えているお父さん、お母さんもイライラして・・・。

でも、ものすごく楽しく、

そして簡単に乗れるようになる方法ってあるんですよ。

その方法をお話しする前に、どうして難しいのか、

そして、どうすれば楽なのかについてお話しますね。

自転車の難しさって、何だと思いますか?

自転車を乗るためには、いっぺんに3つの仕事をしなければならない。

それが難しいんですね。

その3つの仕事っていうのは・・・、

1、ハンドルを切る仕事

2、バランスを取る仕事

3、前に進む仕事

この3つです。

いっぺんに3つの事をやるのですから、大変なんですね。

又、この3つはそれぞれが複雑に絡みあっているんです。

たとえば、スピードが出ると、バランスが取れやすいですよね。

ある程度のスピードが出ていると、

ふらふらしないでしょ。

その時には、ほとんどハンドル操作はしませんよね。

でも、スピードが足りないと、ふらふらしてきます。

ふらふらしてきても、ハンドルを切るとバランスを保つ事ができます。

バランスが取れてきて、足に力を込めて漕ぎ出すと

又、調子よく走れますね。

子供達が補助輪付の自転車を乗っていて、

いきなり補助輪を外すのですから、すぐにバランスを崩すんですね。

今までバランスの練習をしないでいたのですから、あたりまえなんです。

できると思っていたことが突然できなくなる。

ちょっと進んでは倒れる。これは恐怖なんですよね。

当然、スピードがでない。

スピードが出ないと言うことは、バランスが取れない。

バランスが取れなければ倒れる。

そうなんですね。

自転車ってかなり高度な乗り物なんですよ。

でも、原理を知っていると案外簡単にできるようになるんです。

自転車の前輪をちょっと見て欲しいのですが、

ハンドルから前輪の真ん中まで、

車輪にまたがって付いている部品がありますよね。

ハンドルを動かすと、いっしょに動いて車輪の方向を変える部品です。

これをフロントフォークって言うんですが、

このフロントフォークってちょっと傾いているのが分かりますか?

この傾きのことをキャスターって言うんですが、

全ての前輪にはこのキャスター(傾き)が付けられているんです。

自転車もそうですが、オートバイも同じです。

そして、四輪の自動車も、見えない部分ですが使われています。

このキャスターが何のためにあるのか?

って言うと、『直進の安定性』の為にあるんですね。

そう。この傾きこそが、まっすぐ走れる原理なんです。

そうなんです。自転車は、前に進んでいればまっすぐ走るように

できているんです。

小学校のころ、よく男の子達が

両手離しで自転車に乗っていませんでしたか?

又は、自転車に乗っていても、それほど強くハンドルを握りませんよね。

ほとんどハンドルに手を添えているだけだと思います。

それでも自転車は進むんですね。

自転車って、前に進みさえすれば、まっすぐ走るようにできている。

それさえ知っていると、後は早いです。

もともとまっすぐ走るようにできている自転車ならば、

自転車がまっすぐ走ることを邪魔しなければ、

『乗れる』と言うことなんです。

そこでこんな風にやってみるんです。

まず補助輪を両方はずしてください。

そしてサドル(座る部分)を一番下に下げてみます。

すると、足が地面にペッタリついて、恐怖感はかなり改善されますよね。

そしたらペダル(足でこぐ部分)をはずします。

「ええー!」って思いますか?

今、私は何をしようとしているか?と言いますと、

いっぺんにやらなければならなかった仕事を

1つだけに絞ろうとしているんです。

先ほどの3つの仕事をもう一度確認してみましょう。

1、ハンドルを切る仕事

2、バランスを取る仕事

3、前に進む仕事

の中で、2、バランスを取る仕事、

これだけができるようにしたいんです。

さて、話を元に戻しますよ。

ペダルをはずすことによって、足の部分がすっきりしますね。

邪魔なものがなくなったわけです。

そして、両足が地面にペッタリつくのですから、

恐怖心もありません。

そうしたら、サドルに座って、ハンドルを持って、体をまっすぐにして、

両足で地面を軽く蹴ってみましょう。

あ、もちろん、車が来ない安全なところでやってくださいね。

両足で地面を蹴ると、ちょっとづつ前に進みますよね。

最初はちょこちょこ歩くように進んでみてください。

スピードはそうですね。ひよこぐらいの速さでどうですか?

慣れてきたら、蹴り方を強くしてもうちょっと早くしてみましょうか?

そうだな。歩くぐらいのスピードでできるかな?

歩くぐらいのスピードでできるようになると、

もうかなりバランスは取れていますね。

もうちょっと蹴りを強くして「よいしょ」ってやってみると、

1度で50センチぐらい進めるようになります。

そうなったら、今度は連続してやってみます。

いっかーい、にかーい。さんかーい・・・。

10回ぐらいまでできるようになったら、もうかなり上手くなっています。

ちゃんとフォローしてくださいね。

「すごい!すごい!どんどん、上手になってるよ!」ってね。

そこまでいけたら、今度は、もう一つ、仕事を増やしてみましょう。

次の仕事は、ハンドル操作です。

まっすぐは走れるようになったのですから、

今度は、目標に向かって右や左に曲がってみましょう。

緩やかなS字を地面に書いてみて、その書いたS字に沿って

「よいしょ」「よいしょ」って足で蹴って進むんです。

この時、ちょっと難しくなるので、お母さんも一緒にやってみたり、

みんなで楽しくやるのがコツです。

気持ちが萎えてしまわないように、

ゲーム感覚で楽しくやってくださいね。

このS字ができるようになったら、

もうかなりバランスが取れるようになっています。

多少バランスを崩してもハンドル操作で、

修復できるようになっています。

ココで2つの仕事ができるようになったんです。

さあ、次は・・・?

3つめの仕事をさせる?

いえ、違います。

もう一度、まっすぐをやってみるんです。

ハンドル操作ができなかったとき、

一つの仕事しかしなかった時は、

バランスの修復ができなかったんですね。

ところが、今はその技術もついたわけです。

やってみると驚きますが、

子供達は、まっすぐ走ることが

もうめちゃめちゃ上手くなっているんです。

これは、親もびっくりしますが、子供自身も驚きます。

「すごーい!こんなに上手くなっちゃった!」って感動するんです。

そうしたら、一回の足こぎでどの位進めるのか、

又、何回連続でまっすぐ走れるのかやってみてください。

たぶん、比べ物にならないほど、そして、

エンドレスで足漕ぎができるようになっているはずです。

さて、そこまでできたら、もうオッケーですね。

最後にペダルを踏んで、前に進む仕事をします。

実は、この『前に進む仕事』は、補助輪を付けていた時に

かなりやっているんですね。

又、補助輪がついている時というのは、

補助輪の「転がり抵抗(車輪を回す時の負荷)」

が掛かっているから、かなり重かったはずなのです。

今回、補助輪を外した事で、転がり抵抗が減り

今までよりもずっと少ない踏力で車輪が回る事になるんです。

さて、ペダルを付けてやってみましょう。

ペダルを付ける事で、地面を蹴る足漕ぎがしにくくなりますね。

ペダルが邪魔になって、最初は恐怖心を感じると思います。

ですから、最初の頃は常に車体を持ってあげてくださいね。

ペダルに足を乗せ、絶対に倒れないように後ろで車体を持って、

少しスピードに乗せて、ペダルを踏む練習をしてみましょう。

もうバランスを取るのも、ハンドルで修復するのも体が覚えていますから

「あ、いける」って子供が思ったら、その時は、乗れているんです。

車体を持っている私達の手に重さを感じなくなったら、

もう子供達は自分で自転車を運転しているんですね。

握っていた手を緩めてみましょう。

触っていないのに自転車は動いているのを感じるはずです。

そう。この時点で自分で運転しているんですね。・・・感動ですよ!

ね~。3つの仕事をいっぺんにやる自転車。

ものすごく高度でものすごく難しくて、

大きくて大変な壁なんです。

でも、一つ一つ、一歩一歩、ゆっくりゆっくり練習することで、

誰もが必ず、できるようになるんです。

これが、テキストにも書いています、

「難しかったら細分化」という事なんです。

全ては自転車と同じです。

どんなに難しいと思っても、全ては細分化できて、

一歩、一歩進んでいくことで、必ず乗り越えることができるんです。

たとえ、それが不可能だと思うようなことでも、

全ては乗り越えることができる。

あきらめることなく、何度も何度もチャレンジすれば、

どんな事でも乗り越えることができるんですよ。

そして、子供達には『乗り越え力』があるんです。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る