子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第280号 好き嫌いの克服

こんばんは。パピーいしがみです。この頃、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。

私は、今まで夏用の布団で寝ていたのが、今朝は寒くて飛び起きました。みなさんも風邪等ひかれないように気をつけてくださいね。

さて、先週の木曜日にお送りしたメルマガ278号「絶対食べなかったジャガイモなのに・・・」ですが、とても反響がありました。

皆さん、お子さんの好き嫌いにはお悩みなのかな?今日は、それを補足するような、ちょっと面白い話をしますね。

私には、母の妹(おば)がいるのですが、私が生まれたばかりの頃はまだ10代でした。

とっても私を可愛がってくれたのですが、このおば自身も末っ子であり、とても甘えんぼでもあるんですね。(今はもう60過ぎてます)

年の離れた兄弟のような感覚が私にもあって、真剣に口げんかもする事があります(いまでも)

で、この人の子供達がまだ小さい時の話なのですが、好き嫌いをさせない為に、食卓ではかなり厳しかったんです。

「好き嫌いをしちゃだめよ」「ちゃんと残さず食べなさい!」って。

子供達は泣きながら食べている?いえ食べれないから泣いているんです。

それを見ていた私は、「なんだ、姉ちゃん(おばの事)“ねぎ”食えるようになったのか?」って言ったんです。

そうしたら、おばは、私に向かって「余計な事いうな!」って顔して「しー!」って人差し指を口の前に置いたんです。

この人は、昔から太ねぎが食べれなくて、すき焼きをやっても、水炊きをやっても絶対に箸をつけなかったのです。

もちろん、入っていたら外すし・・。もう絶対ダメ!・・・の人、だったのです。

そこで、わざと、「親が嫌いな物があるのに、お前達に好き嫌いするな、っておかしいよな~」と子供達に言ったら、

「そうだよそうだよ。もっと言って」っていう顔をしたのです。

その時、・・・じゃあこうしたら・・・?って言ったのが・・・

「あ前達のお母さんにも絶対に食べられない物が1つだけある、みんな、そういうものってあるはずだよ」

「だから、お前達も、絶対に食べられない物があるんだったら『1つだけ』決めなよ。でも、他の物は嫌いでも我慢して食べるんだよ。それなら出来るでしょ」

そうしたら、子供達は、安心して、「私は、絶対“しいたけ”は食べれない」だから「ほうれん草は食べる」といって、味噌汁のしいたけを外し、そのほかはキチンと食べました。

おばも、苦笑いしていましたが、納得していました。

私達の味覚ってやはり子供と大人とは違って、子供の頃ダメだった物が大人になって大好きになったり、又、その逆もあります。

実は、我が家の奥さんも「つけもの」がダメで、これも幼少期、漬物が嫌いな子供(妻)に食べさせる為に、お義母さんが、幼稚園の先生と結託して、弁当に漬物をぎっしり入れたのだそうです。

お弁当の蓋を開けた瞬間、立ち上る“ぬか”の臭い。

もともと、未熟児で生まれ、食も細かった妻はそれ以来、漬物という漬物は一切ダメ。糠漬はもちろん、たくあん、浅漬け、ピクルス、キムチ・・・、すべてダメになってしまったのです。

又、食べる事が怖くなって、食事の時間が怖かった。

なんと、中学になるまで、給食すら完食できた事がなかったほど・・・だったそうです。

ところが、私は漬物大好き。

私があんまり美味しそうそうに食べるのを見て、たくあん、浅漬けは食べれるようになって、つい2・3年ほど前に、「キムチって美味しい!」って言い出しました。

ただ、ある店で作った新しいキムチ限定ですが・・・。(すっぱくなったのは、やっぱりムリだそうです)

ですから、私の家では子供達にはこう言って来ました。

「嫌いな物もあって当然。だから、絶対に食べられない物を1個だけ持っていてもいいよ。でも、絶対に食べられない物以外は、頑張るんだよ」

息子は、小豆がダメでした。

真ん中の娘は、食べられない物は無いよう?ですが、一番下の子は、おくらがダメです。

でも、こういうものも年齢によって変化が起こります。私はそれでいい、と思っています。

いけないのは「無理やり」「強制」そして、「親の出来ない事をさせる」だと思います。

だって、親が出来ない事を子供にさせるのなら、子供はどう思いますか?当然、反感を持ちますよね。

だから、親が食べれない物が1つあるのなら、最低1つは許さないと・・・。と思うのです。

だって、くさや(くさい干物)は食べられますか?それじゃ、ドリアンは?ブルーチーズは?鮒寿司は?関西の方なら納豆は?

ね~。だれだって、食べれない物ありますよね。だったら、やっぱり無理強いはできませんよね(^^)。

というお話をある会員さんにしたら、好き嫌いが多いその会員さんの娘さんに、お話してくれたらしいのですね。

そうしたら、その好き嫌いが沢山あった子の表情がパアッと明るくなって、

「これだけはダメだけど・・・他は頑張るね」と1つだけのこして、後は綺麗に食べられたのだそうです。

お母さんもびっくりして、褒めてくださったそうです。偉かったよね~!!

好き嫌いは無いのが一番だけど、一番じゃなくてもいいじゃない。「好き嫌いはあってもいい。でも無ければもっといい」完璧に失くすのではなくて、少なくする。

それも自分から・・・。

チャレンジして、苦手な物を乗り越えた時、それも、1つの自信になりますよ(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
405 ■ 魚嫌いは味かしら? ★★★★★
460 ■ マイナスからのスタート ★★★★★
752 ■ 感情的に怒ってしまう自分を止めたい ★★★★
784 ■ 大丈夫。きっとこの子は育ちます! ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る