子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第465号 一枚の写真

こんばんは。パピーいしがみです。

あなたはアダルトチルドレンという言葉をご存知でしょうか?

大きな概念としては、既に成長し、大人ではあるけれど、子供のころに負った心の傷(家庭内のトラブルなど)によりトラウマを抱え、社会生活に困難をきたす・・・

もしかしたら「私もそうなんです」とおっしゃる方もおられるかもしれません。

今日、ご紹介するミ~シャさんは、ご自分を「私はアダルトチルドレンですから・・」とよくおっしゃる方でした。

お話を伺うと、ミ~シャさんは、跡継ぎが必要なご家庭に、次女として生まれたのだそうです。

長女さんは初孫として可愛がられ、次に生まれてくる子供は、絶対に男の子を!という期待の中で、ミ~シャさんがお生まれになった。

お舅・お姑さんにもガッカリされて、ミ~シャさんのお母さんは、周りから責められるような状態だったそうです。

幸い、3番目の子供は男の子だったので、お母さんは、とてもホッとしたそうですが、ミ~シャさんご自身は常々「あんたはいらない子だった」と言われて育ち、親の愛情を感じた事がなかった、と言われておりました。

愛情を受けて育ってこなかった。楽しかった思い出がない。だから、子供が出来た今、愛情の掛け方が分からない。

子供は2人できたけど、お姉ちゃんが私そっくり。私は、どうやっていいか分からない・・・。と、頂いたメールには、切々とした思いが綴られていました。

ミ~シャさんの娘さんは4歳。下の男の子は1歳半。お姉ちゃんは、ぐずり、わがまま、理不尽な要求、気に入らない事があると大声で泣き叫ぶ。

子供(友達)でも大人(親や先生)でも叩いたり蹴ったり・・・。

強く叱ると、ひざを抱えて貝の様に閉じこもる。ミ~シャさんが、なだめても怒ってもだめ。

何をやっても思い通りにならず、このままでは・・・?!と、長女さんを置いて、しばらく頭を冷やしに家をでる。そんな事もあったようです。

もちろん、長女さんを置いて、下の子だけを抱いて家を出るなんて・・・それがよくないことは重々分かっている。

でも、「私はアダルトチルドレンだから、親の資格がないんだ」「私はアダルトチルドレンだから、愛情が掛けられないんだ」そうおっしゃるのでした。

でも、私は“「アダルトチルドレンだから・・・」というのは関係なく、誰でも親になるのは初めてなんだから、

知らない事は学べば良いし、親だから子供だから、と考えずに、一緒に成長する事も出来ると思いますよ・・・。”とお話していたのでした。

だって、「〇〇だから××はできない」って、自分から蓋をしちゃったら、もったいないですもの・・・。

でもそんなミ~シャさんが、勉強をし始めて約半年後、転機がやってくるのです。

それは、あの茂木健一郎さんの「育ての極意」の内容をメルマガで紹介した時だったそうです。

それでは、頂いたメールをご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、いつもいつも、ありがとうございます。

お久しぶりです。ご無沙汰していました。実は、私にも善循環が訪れたようで・・・。

でも、すぐにだめになるかもしれない・・・とも思っていて、約1ヶ月ほど、様子を見ていました。

でも、どうやらこの感じは、安心してもいいみたい、と思って、ちょっと信じられない気持ちがあるのですが、こわごわ、メールさせてもらいました。

今、毎日がとても楽しいんです。今まで、こんな気持ちになった事はありませんでした。

だからすぐに失いそうで、とても不安でもあるんです。

以前、パピーさんにも指摘されましたが、「アダルトチルドレンだから」という言葉を発しない。「アダルトチルドレンだから」って逃げるのを止める。その2つを決意して、約束させてもらいました。

でも、今まで自分の身の回りで起るほとんどを、そのせいにしてきた私にとって、子供をちゃんと受け止める、目の前にある辛さから逃げずに立ち向かう、って事は、はっきりいって恐怖でした。出来るかどうかわかりませんでした。

ですが、パピーさんと約束したのですから、怖くてもがんばりました。

長女が泣き叫んでも、下の子だけを抱いて外へ出るのは絶対にダメ。その場から逃げたい自分との葛藤は本当に大変でした。

ですが、泣き止むまで付き合うことが出来た時、「あ、私にもできたじゃん」という・・・なんといいますか、

壁を破ったような、ちょっと誇らしい(大げさですよね)ようなそんな気持ちがしたんです。

パピーさんが言われていた「子供と一緒に成長する」って、こういう事かな?ってちょっと分かりました。

そこからです。

私の子供に対する恐怖心は徐々に薄らいで行きました。

「なだめなくてもいいから、泣きやむまで付き合って」というパピーさんの言葉どおり、私は、何をするでもなく、娘の横に居ました。

最初、そんな事をしたって・・・と思っていましたが、娘にとっては、それが大事だったんですね。

どんなに泣いても、もうこの人は私を置いて出て行かない、って思ったんでしょうか?ちらちら私の方を見ながら、泣きやむ時間が短くなっていったんです。

ひとしきり泣いた後は、機嫌も良く、私は不思議だな~、と思っていました。

その頃です。パピーさんがメルマガで茂木先生のテレビの特集。「育ての極意」について、メルマガで説明してくださいましたよね。

私もテレビは見たのですが、その時には良く分からなかった事が、パピーさんの解説だと何度も何度も読めるからでしょうか?「あッ」と思ったことがあったんです。

それは、「安全基地」という言葉でした。

私には「安全基地」がない。小さい頃はもちろん。今もない。そう思っていました・・・。でも、違っていました。

だって、困った時、ちゃんと話を聞いてくれて、褒めてくれたり、叱ってくれたり、応援してくれたりする人がいるじゃない!!

パピーさんが私の安全基地だって、わかったんです。そして、こんな言葉を思い出しました。

「私は、自分の子供達を育てたのと同じように、皆さんと接するつもりです」

これは、何で見たのか、読んだのか、ホームページだったか、本だったのか、CDだったか、メルマガだったのかは、思い出せないんですが、パピーさんの言葉だったと記憶しているんです。

なぜか、その言葉、とても印象的だったんです。

そして、私の安全基地はパピーさんだ!と思ったら、涙がボロボロこぼれてきたんです。

「私にも安全基地があるんだ!」って、この時、体が震えるほど「喜び」を感じました。

その時、娘が「お母さん、どうしたの?」と声を掛けてきました。その顔は、いつもと違う、私を包んでくれるような優しい顔でした。

「あ、ココにもいた。私の安全基地。」うれしくて、娘を抱いて泣きました。

ひとしきり泣いて、言ったのです。「あなたがいてくれてよかった」って。

なぜ、こんな言葉が口から出たのか分かりません。でも、すごく正直な気持ちでした。

娘が言いました。

「私がいてくれて嬉しい?」

私は即答しました。「うん。とっても嬉しいよ♪」娘は、今まで見せたことがないような笑顔を見せてくれました。

そこで「あ、今、写真を撮ろう」って思ったのです。

最初は、私が娘を抱っこして包み込んでいるポーズをしていたのですが、「おかあさん、〇くん(下の子)も入れてあげよう」と娘が言い出しました。

そして、下の子(眠っていました)を娘が抱っこして包み、そして、私が娘を包み、写真を撮りました。

私も娘も、ほんとうに素晴らしい笑顔のいい写真ができました。

今もその写真は、リビングに飾ってあります。私も毎日それを見ますし、娘も毎日それを見ています。

その度「お母さん、泣いたっけね。でもその後、笑ったね。」「私の事、いてくれて嬉しいって言ったね。」と嬉しそうに言います。

あれから、1ヶ月以上、余裕で経っていますが、今でも、毎日その写真を見て、二人で笑いあっています。

そして、それから、いろんな変化が現れているんです。

まず、夜のオムツが取れました。

(娘は4歳過ぎてもまだ夜はオムツでした。私はそれを常に指摘していました。ですが、その日から止めたんです。オムツぐらいどうでもいい、という気になっていました)

そして、理不尽な要求が減りました。

泣き出しても、泣き止むまでの時間が少しずつ短くなりました。

私が「この頃、すごいね。がんばってるね」と言うと、自分から「だってお姉ちゃんだしね♪」という事が増えました。

下の子の面倒を見たり、話しかけたり、遊んだり・・・そういう事が増えました。

そして、主人が早く返ってくるようになったんです。「この頃、家が居心地いいんだよね」って。もちろん、家族みんなに笑顔がとても増えています。

そうだ!主人も私にとっての安全基地だった、って今気付いています。

パピーさん?私に善循環は訪れていますか?それとも、この状態は今だけでしょうか?以前から比べると本当に毎日が楽しくて、充実しています。

でも、なんかすぐに消えてしまいそうで・・・。毎朝、起きるたびに「夢でありませんように・・・」って思うんです。

だって、今まで経験したことがないことですから・・・。

ココまで・・・

ミ~シャさんからこのようなメールを頂いて、私はこんな風にお返事をしました。

ココから・・・

ミ~シャさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しましたよ~♪

この頃、ご相談がないから、どうしているかな?大丈夫かな~?なんて思っていたところでした。でも、素晴らしい出来事があったんですね。

今、過去のミ~シャさんからのお便りを読んでいましたが、本当に、全然印象が違いますね。活字から、幸せオーラがあふれ出ていますよ(^^)

こんな言葉がありましたね。

“以前、パピーさんにも指摘されましたが、「アダルトチルドレンだから」という言葉を発しない。「アダルトチルドレンだから」って逃げるのを止める。

その2つを決意して、約束させてもらいました。

でも、今まで自分の身の回りで起るほとんどを、そのせいにしてきた私にとって、子供をちゃんと受け止める、目の前にあるつらさから逃げずに立ち向かう、って事は、

はっきりいって、恐怖でした。出来るかどうかわかりませんでした。”

これって、本当に怖かったと思います。

だって、「私はアダルトチルドレンだから」という盾(たて)が、今まで自分を守ってくれていたんですからね。

盾(たて)を捨てたら、自分を守ってくれるものがありません。素の自分をさらけ出したんですから、相当の恐怖があったと思います。

でも、それをちゃんと乗り越えられた。私は立派だと思いますよ。すごいです!!

そして、もう1つ。「写真を撮る」これは素晴らしいアイデアですね~♪

以前“お姉ちゃんをお姉ちゃんとして褒める”を説明させていただいた時、小さい頃の写真を見せて、

「あなたはこんなに可愛かったんだよ。あなたの周りにいる、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、おかあさんは、こんなに嬉しかったんだよ。って、見せて、話してあげるといいですよ。」

とお話ししましたが、その発展型ですね。

「なるほど!こういう使い方があったか♪」とミーシャさんのアイデアには、ほんと脱帽!敬服しました(^^)すごく良いですよ。そしてきっと子供達にとっても、

一生の宝物であり、苦しい時に元気をくれる1枚になると思います。(データはCDに焼いて、大切にしておいた方がいいです・笑)

でも、すごいですよね。その後の変化。

オムツが取れて、理不尽な要求が減って、泣き止むまでの時間が短くなって、お姉ちゃんという自覚が芽生えて・・・。本当に嬉しく思います。(^^)

そして、最後にこういう質問がありましたね。

“パピーさん?私に善循環は訪れていますか?それとも、この状態は今だけでしょうか?以前から比べると本当に毎日が楽しくて、充実しています。でも、なんかすぐに消えてしまいそうで・・・。”

はい、間違いなく、善循環が訪れているようですよ♪

でも、油断しないでくださいね。この状態が「あたりまえ」だと思ったら、すぐに元にもどります。

ですが、

“毎朝、起きるたびに「夢でありませんように・・・」って思うんです。だって、今まで経験したことがないことですから・・・。”

って思ってくださっているのなら大丈夫です。

是非、「あたりまえ」にならないように、事あるごとに、写真を見続けてくださいね。そしてその時の事。常に思い出すようにしてください。(^^)

“娘が言いました。「私がいてくれて嬉しい?」私は即答しました。「うん。とっても嬉しいよ♪」”

ミ~シャさんの、その言葉が、子供さんにとっての、「お母さん=安全基地」を確信させてくれたんですね。

常に原点を忘れずにいることで、ミ~シャさんの気持ちはぶれる事がないと思います。(^^)

ココまで・・・

ミ~シャさん、メルマガ紹介へのご許可、ありがとうございます。

さて、ココで、お読みくださった皆さんの為に、ちょっと追記をしておく必要があると思います。

私は、精神科医でもなければ、カウンセラーでもありません。

アダルトチルドレンについて研究したわけでもありませんし、それについて深く知っているわけでもありません。

なので、アダルトチルドレンと診断される方が、どれだけの重荷を背負っているかは、多分、きちんと認識できていないと思います。

でも「私は〇〇だから××できない」というマイナスの呪縛に、縛られているのは、本当にもったいないと思うのです。

いっぺんに解決する事がなくても、ほんの少しずつ、私たちは、私たちの未来を創っていけると思うのです。

だって、私たちには、子供達がいますもの。子供と一緒に育てば良いじゃないですか?子供が育つスピードで、私たちも育てばいいと思うのです。

そこには、恐怖があるでしょう。きっと大きな不安もあると思います。でも、子供達も一緒。初めての事は誰でも怖いし不安なんです。

子供も親も最初の一歩、それが未来を作っていくと、私は考えています。

あ、それで・・・話は元に戻りますが・・・。

ミ~シャさんのその写真、メールに添付して送って下さったので、私も拝見させて頂きました。

本当~にいい写真なんです。ミ~シャさんの穏やかな優しい笑顔、娘さんの屈託のない笑い顔。そして、毛布に包まれて眠る弟さんの安心しきった寝顔・・・。

幸せオーラ満開でした。(^^)

「ご主人が“やきもち”焼きませんでしたか?」と伺ったら、案の定、「今度、俺も入れて撮って欲しい!」とおっしゃったそうです。

こんどは4人の写真ができそうですね。ミ~シャさん。その時はまた、写真を見せてくださいね。楽しみに待ってます(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る