子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第583号 男の子と女の子

こんばんは。パピーいしがみです。

早いもので、もうすぐ年末ですね(^^)

スーパーマーケットや商店街ではクリスマスソングが流れ始めました。

もう今年も終わりなんだ・・・。あと1か月で2011年か~♪

なんて、月日の流れの速さに驚いています。

寒さも、日一日と厳しくなって、窓から見える富士山も、

しっかり雪化粧をしています。(きれいですよ~♪)

今年は、ノロウイルスがはやりそうだ、とのことですから、

お気を付け下さいね~♪

さてさて、今日のメルマガは3人のお子さんがいるケースです。

この頃、少子化・・・と言われてはいますが、

ご結婚されてお子さんがいらっしゃるお宅は、

一人っ子ばかりでなく、2人、3人・・・

のご兄弟がおられる場合も多いようです。

ウチも子供は3人でしたが、子供の数が多いだけ、

家の中には歓声があふれて、明るく楽しくなりますよね♪

(散らかりようもすごいけど・・・笑)

今日は、そんな3人のお子さんのお母さん、

ミルクボーロさんからの、メールを紹介します。

ココから・・・

パピーさん、こんばんは。ミルクボーロです。

いつも、フォローメールに、メルマガと、お世話になっています。

特にメルマガは、とても良いタイミングで参考になるヒントを頂いて、

とっても助かっています。

勉強を始めさせて頂いた事で、当初、山積みだった

沢山の問題が解決して、

特に、上のお姉ちゃんはとっても変わってくれました。

ひどい癇癪や泣き喚きもグッと減って、

にっこり笑う顔がとてもかわいらしく・・・

ああ、こういう幸せな瞬間に戻れるんだ、と、

すやすや眠っている穏やかな顔を見ると、本当にうれしくなります。

そんな中・・・すみません。

今日は長男の事についてのご相談なんです。

我が家は、主人と私。6歳の長女と4歳の長男。

そして2歳の次女がいます。

私が勉強をさせて頂こうと思ったのは、

この長女と長男が手に負えず、毎日毎日、怒ってばかりの私。

それでも良くなるどころかどんどん悪くなる。

これでは将来どうなるか分からない・・・という不安からでした。

パピーさんのメルマガを半年間読み、

ずっと迷っていたのですが、受講して約3カ月。

長女はみるみる変化が訪れ、とても驚いています。

でも・・・長男が変わらないのです。

なぜなんだろう?

長女も長男も、同じように接しているつもりですが、

なぜ、長女には良い結果が表れているのに、

長男では変わらないのか・・・

女の子と男の子では違うのか?

そのあたり、パピーさんに伺いたいと思ったのでした。

( 後 略 )

ココまで・・・

ミルクボーロさんからは、こんなメールを頂いたのでした。

内容を聞いてみると、長女さんの問題というのは、

長男さんが生まれた頃から始まったようです。

長男さんが生まれたのは、長女さんが2歳の頃。

一人っ子でお母さんからの愛情を独り占めしていた長女さん。

そんな時、長男さんが生まれます。

赤ちゃんはやっぱり手がかかります。

長女さんは自分に集まっていた注目や沢山の愛情が

長男さんに向かってしまったことを感じます。

今まで愛情たっぷりで育てられていた長女さんにとっては、

お母さんや、周りの人達の態度が一変したと思ったのでしょうね。

そして、ちょうどその頃、自我が芽生え始め、

「イヤイヤ」を言ったり、わがままを言ったり、ぐずったり、

忙しい時に甘えてきたり、出来ない、嫌だと駄々をこねたり、

叱られる事も増えてきたようです。

長女さんのワガママやぐずりは、

どんどんエスカレートしていったのだそうです。

そして、こんどは長男さんが2歳の頃、

次女さんが生まれます。

長男さんは、長女さんと同じように、

「イヤイヤ」を言い、わがままを言い、ぐずったり、

忙しい時に甘えてきたり、出来ない、嫌だと駄々をこね暴れる。

物や人に当たったり、大声で泣き叫ぶ・・・。

という事が始まったのだそうです。

一番下の子を抱え、上二人がどんどん荒れていく・・・

そんな時、ミルクボーロさんは、この講座を学び始め、

「認める」「褒める」の重要性を学んで下さいました。

そしてある日、長女さんが次女さんをあやしている時に

「あ、○○ちゃん、赤ちゃんの事、見てくれていたの?

ママ、助かるな~♪ありがとう(^^)」

と喜び、褒めてくださったのだそうです。

ミルクボーロさんは娘さんに感じた「優しさ」が

とっても嬉しかったそうです。

「ママ、助かるな~♪ありがとう」と言った時、

長女さんの顔がパ~ッと明るくなり、

ミルクボーロさんは「これだ!」って気がついて、

そこから、いろんな「褒める」をして下さったと言う事でした。

ところが・・・長男さんは、褒めてもダメなんだそうです。

話しをしても上の空。睨むような目でお母さんを見るし、

男の子だからか、乱暴で。言っても言っても直らない。

一向に暴れたり叩かれたりが直らず、どうしても怒ってしまう。

最初は「我慢、我慢」と思っても、結局爆発してしまう・・・。

長女さんが変わって、可愛くなって、

長女さんを褒めれば褒めるほど、長男さんが悪くなっていく・・・

そのようにもお感じだったそうです。

そんな長男さんの問題は、

癇癪を起したら暴れて手がつけられない。

大きな声で騒ぎ、ギャーギャー喚く。人の話しを聞かない。

持っているものを投げる、当たり散らす。

幼稚園ではちょっかいを出し、友達とケンカを繰り返す。

女の子やおとなしい子をいじめる・・・。

そして「叱っても叱っても直らない」

それどころか「叱れば叱るほど悪くなる」だったそうです。

そんなお話を聞いて、私はこんな風にお返事しました。

ココから・・・

ミルクボーロさん、こんにちは。パピーいしがみです。

お返事、拝見しました。

長男さん、かなり元気な子のようですね~♪

でも・・・そのあまりある元気が・・悩みの種?なのかな(^^)

ミルクボーロさんは、長女さん・長男さんが荒れ始めた原因・・・

というのは大体お分かりになっていると思いますが、

念のために、まずはそれをお話ししますね。

赤ちゃんの時って、自分では何もできませんよね。

だから、お母さんがとても手を掛けます。

手を掛けることによって、いろんな事ができるようになってきますね。

首が座り、はいはいができて、タッチができて・・・

その頃は本当にかわいらしくて、食べてしまいたいほど(^^)です。

約1歳ぐらいまでは逆らわないし、何でも許せて

「かわいい」「かわいい」だと思います。

でも、1歳半をすぎた辺りから、喋れるようになってきたり、

「イヤイヤ」の意思表示が始まったり、

忙しいのにぐずったり、こうしたい、と思う時にしてくれなかったり、

又、泣き声が異常にうるさかったり・・・

だんだんイライラしてきますよね。

もし、その時、お母さんが次の子を妊娠していたりすると、

お母さん自身が体調がすぐれない時もあるでしょうし、

つわりがあったり、お腹がはったりもしますよね。

そうすると、今まで許せていた様々な事がらも、

だんだん許せなくなってきます。

「も~。イライラするな~!静かにしてよ!」

「私だって大変なんだよ!」「ギャーギャー泣かないで!」

「素直に聞きなさい」「ほら~、間に合わないじゃない!!」

なんてね・・・(^^)

そんな時、子供からすると、

今までが愛情いっぱいで育ってきていますから、

「どうしてお母さん、そんなに冷たいの?」

「私の事、嫌いになったの?」って思っちゃうんです。

と~っても不安になるんですね。

(お母さんの態度が、

十分に愛情を受けていた昔と違っていますからね)

でも、子供からするとお母さんはとっても重要な存在です。

お母さんに嫌われているなんて思いたくありません。

だから自分の「私の事、嫌いになったの?」という不安を

取り除きたくて、いろんな確認をするんです。

それが・・・忙しい時にわざとわがままを言ってみたり、

駄々をこねたり、ぐずったり・・・。

「お母さん、私の事、嫌いじゃないよね」

「前みたいに優しくしてよ・・・」って

それが行動に出るんです。

ところが、下の子(もっと手のかかる赤ちゃん)もいますし、

イライラのボルテージが上がっているお母さんとしては、

「何言ってんの?自分で出来るでしょ」「甘えないで」

って言っちゃう事もあったと思うのです。

結果・・・「拒否」したとしましょう。

すると・・・子どもの不安はさらに募り、

確認の行動がエスカレートするんですね。

長女さんも、長男さんも、たぶん・・・

同じ理由で、同じような状態に向かったと思います。

そんな時、私はどうお返事するか?というと、

「足りないものを補う(前のように受け入れるようにする)

のではなく、新しい喜びを与えてあげて下さい」

とお願いするんです。

例えば「お姉ちゃんをお姉ちゃんとして褒める」事です。

甘えさせて欲しい、私だけを見てほしい、という要求に

すべて応えるのは無理なのですから、

(下の子もいるのですから一人っ子の時のような対応はできません)

“違う喜び”を与えることで、自尊心を高めてあげる。

その子に“その子の存在価値”を感じさせてあげるって事なんです。

今回、長女さんに

「あ、○○ちゃん、赤ちゃんの事、見てくれていたの?

ママ、助かるな~♪ありがとう(^^)」

と褒めて下さったら、

そこから、長女さんの雰囲気が変わってきた、とありましたね。

それはまさに「新しい喜び」を感じ、

“自分の存在価値”を感じた、という事だと思います。

お母さんに褒められた、喜んでもらった・・・。

「お姉ちゃんとして褒められた」

これが、自尊心を高めたのだと思うのですね。

でも・・・長男さんには、それが通用しなかったようです。

もしかしたら、長男さんの「嬉しい」という方向が、

お母さんの喜びと少し、ずれていたのかもしれません。

誰でもそうなのですが「喜び」の価値ってみんな違います。

ミルクボーロさんの願い「優しい子」という価値は、

たぶん、長女さんは感じたのでしょう。

でも長男さんには(その価値が)感じられなかったのかもしれません。

特に、長男さんは元気で活発な男のですから、

「優しい」事は、返って嫌なのかもしれませんよ(^^)

ちなみに、私も子どもの頃、とっても活発で、

「母はとても手を焼いた」と言っていました。

でも、そんな私が今でも覚えている母の言葉が有るんです。

それは、父が不在だった日の事です。

母は私と兄にこう言いました。

「今日はお父さんがいないから、あなた達がお父さんの代わりだよ。

頼りにしているから、お母さんが大変な時には助けてね♪」

母からすると、そんな3歳4歳の子供がする事なんて、

親を助けるなどできるはずがないと思っていたはず・・・と、

今でこそ分かりますが、

その時は「そうか~、僕はお父さんの代わりだ」

「お母さんを守るんだ、がんばるぞ」と、

とても純粋に思い、そして自負心を感じたのです。

母の「頼りにしている」「助けてね♪」という言葉は、

私にとって、とても強烈に、今でも記憶に残るほどの「喜び」でした。

とすると・・・長男さんにとっては、

「良い子」や「優しい子」よりも、

「頼もしい」「たくましい」「強い」「かっこいい」「助かる」

等の言葉の方が、より響く(嬉しい)のかもしれません。

乱暴、粗野、叩く・・・などについては、しばらくの間、

あまり強く注意せず、

「男の子にとっては、必要な事」と思って頂いて、

眼をつぶって頂き・・・、

買い物帰りに荷物を持ってくれたら

「すごいな~思い荷物を持ってくれて、助かるよ♪」とか

誰かの為に何かをしてあげる事ができるようなら、

「人の為に○○できるなんて、かっこいいね」とか、

「そんな事ができるようになったんだ、すごいね~」のように、

男の子としての特性を見てあげるようにしたらどうだろう?

と思うのです。

私は、男の子って、やんちゃだったり、きかんぼうだったり、

多少乱暴だったとしても、

自己主張できる事がすごく大事だと思うのです。

なぜなら、男の子は将来

「大事なものを守る」事ができるようになっていてほしいからです。

大事なものを守る、という、最大の物は「家族」です。

例えば、私達は結婚し、子どもができて家族になりました。

そこで何らかの問題が発生したとします。

大黒柱であるお父さんが、家族の事を守りもせず、

我先に・・・と逃げ出したらどうでしょう?

残された私達は、憤りを感じませんか?

「え、なに?家族より、子供より、自分の事が大事なの?」

「あなた、それでも男なの?」って思わないでしょうか?

落胆しないでしょうか?憤りを感じないでしょうか?

もしそれが、命に関わるような重大な事だとしたら、

それって本当に残念に思うはずです。

でも、その時「子供たちの為に、愛する妻の為に・・・」

って自分の身を省みず、戦ってくれたら、守ってくれたら・・・。

いえ、私はそれこそが「男」の役割だと思っているんです。

そしてそんな「男」に成長してほしいです。

それからすると、息子さんの今って、

私はとっても頼もしいと思うし、多少やんちゃでもいいじゃん♪

このまま、強く、たくましく育ってほしい!!って思うのですね。

どうでしょうね?

そうやって考えてみると、息子さん・・・・

肯定しても良い事が増えてきそうな気がしませんか?

ご参考になれば幸いです(^^)

ココまで・・・

このようなお返事をして、約3カ月・・・。

ミルクボーロさんから、ご報告のメールを頂きました。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。3児の母、ミルクボーロです。

今日は、ご報告をさせてください。

パピーさんからお返事を頂いて、

試行錯誤をしていましたが、先日、

発表会の練習(お手伝いで参加しました)での事です。

長男の担任の先生が私の所に走ってきて・・・

「○君のおかあさん・・・、実は聞きたい事があって・・・」

と言うんです。

「うわ~。又何かやったかな?」と思いましたら、

先生は・・・

「この頃○君、すごく落ち着いているんです。

今までは、こう言ってはなんですが・・・

本当に落ち着きがなくて、荒れていました。

園長先生のお話しの時にも全く聞いていないし、

隣の子にちょっかいを出して、ケンカを始めるし・・・

私もどうしたらいいんだろう?って悩んでいたんです。

でも・・・この頃は、人の話しをとっても良く聞いています。

私の話しにも眼をそらすことなく、姿勢を崩すことなく、

真直ぐ私を見て話しを聞いてくれるんです。

暴れたりケンカすることもほとんどありません。

女の子をいじめる事も全くありません。

おもちゃの取り合いもしませんし、

泣いている子がいると譲ってあげるぐらいです。

私も、変化を見てびっくりして、この頃とても褒めているんですが、

本当に、ここ数か月の事なんですよ。

幼稚園では何をしたわけでもなく、思い当たることがないのですが、

ご家庭で何か始められたとか、特別な事をされていますか?

園長先生も教えてほしいって・・・・」

と。

そのお話を聞いた時、びっくりしました。

家でも「少し落ち着いてきたかな?」ぐらいにしか感じなかった

私ですが、幼稚園では、人が変わったぐらい・・・に

園長先生はじめ、他の先生方も、お感じになっていたそうです。

(その位、以前は荒れていた、という事なのですが)

家に返って主人に話したら・・・

「え~、気づかなかったの?○○すごくいい子になってるよ!」

「一緒にお風呂に入っても、桶をかたずけたり、

シャンプーの泡を流したりしているんだよ」

と言われました。

私の鈍さに・・・唖然・・・反省です(^^)

パピーさんからメールを頂いた時に、

> 大事なものを守る、という、最大の物は「家族」です。

> 例えば、私達は結婚し、子どもができて家族になりました。

> そこで何らかの問題が発生したとします。

> 大黒柱であるお父さんが、家族の事を守りもせず、

> 我先に・・・と逃げ出したらどうでしょう?

とありました。

私は、その時にすごい衝撃を受けたんです。

主人は、体育会系の人で、まさしくパピーさんの仰る「男」です。

でも、少し亭主関白なところがあって、

私はそこがちょっと嫌だったんです。好きでなかったんです。

私は「そんなの古いよ、男は優しさだよ!」と思っていましたが、

そうじゃなかったんですね。

もし、主人が何かの危機の時に、私達を置いて逃げたら、

怒り・・・よりも、本当に落胆します。がっかりします。

主人にも頂いたメールを見せましたが、その時にも、

「その通りだよ、

俺は、家族を置いて逃げるなんて男は最低だと思ってる」

と真剣な顔で言っていましたし、私も「その通りだな~」と。

自分の今までの考え方が少し変わったように感じました。

それまでは、暴れん坊で手がつけられない長男を

なんて乱暴な子なんだろう!どうしてこんなに凶暴なの?

嫌なところばっかりお父さんに似て・・・・。

叱ってでも叩いてでも直さなきゃ!

と思っていましたが、その気持ちがかなり減りました。

反対に「お父さんのように女性や家族を守る男になるんだぞ」

のように思う私がいました。(自分でも驚きでした)

それからパピーさんにアドバイスを頂いたように、

「たのもしい」「たくましい」「助かる」のキーワードを

使いながら褒めてきた・・・つもりです。

まだまだ、私からすると「乱暴」という気持ちが有ったのでしょう。

誰より先に気付いてあげられなかったのは反省ですが、

周りの方々の驚きや、主人の言葉を聞いて、

改めて息子を見ると、私を睨んだり、叩いたり・・・

姉とケンカをする事も・・・

やはり格段に減っている事に気が付きました。

そして、先生が褒めていた事、驚いていた事を伝えると、

本当に嬉しそうに「えへへ~」と笑っていました。

とっても素直な、いい笑顔でした。

その後、お風呂にも素直に入ってご機嫌で眠りにつきました。

息子はこれでいいんですね。(^^)

きっとこのまま、主人のように正義感の強い、

好きな女性や大事な物を守れる人になってくれると思います。

(パピーさんの仰るスーパーマンですね)

でも・・・「認める」「褒める」ってすごいです。

「自尊心を高める」ってすごいと思います。

問題行動が減ったとか、改善しただけでなく、

姿勢が変わったり、能力を高めたりまでするんですね。

長女の変化、長男の変化を目の当たりにして、

テキストに書かれている事が現実化していくと、

この先、もっともっと楽しい事が待っている??

って嬉しくなってきます。ワクワクしています。

今、毎日の勉強がすごく面白いです。

これからも、地道に続けますね。

寒くなってきましたが、パピーさんもお体大切に。

又、何かありましたら、相談に乗ってください。

今回は、本当にありがとうございました。

ココまで・・・

頂いた文面にこんな風にありましたね。

> 主人にも頂いたメールを見せましたが、その時にも、

> 「その通りだよ、俺は、家族を置いて逃げるなんて男は最低だと思ってる」

> と真剣な顔で言っていましたし、私も「その通りだな~」と。

> 自分の今までの考え方が少し変わったように感じました。

> それまでは、暴れん坊で手がつけられない長男を

> なんて乱暴な子なんだろう!どうしてこんなに凶暴なの?

> 嫌なところばっかりお父さんに似て・・・・。

> 叱ってでも叩いてでも直さなきゃ!

> と思っていましたが、その気持ちがかなり減りました。

と有りましたので、

やっぱり、ミルクボーロさんとしては、

「優しい子」であってほしい、という気持ちが強かったんでしょうね♪

だから、どうしても強く叱ってしまったのだと思います。

でも・・・本当に強い男は、その強さをひけらかしませんから。

そして、強い事こそが・・・優しさにつながると思います(^^)

長男さん、きっとお母さんから叱られることが激減し、

褒められることが増えたことで、ぐっと落ち着いたんでしょうね。

先生の言われた・・・

> でも・・・この頃は、人の話しをとっても良く聞いています。

> 私の話しにも眼をそらすことなく、姿勢を崩すことなく、

> 真直ぐ私を見て話しを聞いてくれるんです。

> 暴れたりケンカすることもほとんどありません。

> 女の子をいじめる事も全くありません。

> おもちゃの取り合いもしませんし、

> 泣いている子がいると譲ってあげるぐらいです。

この姿が、長男さんの持っているもともとの性格なのだと思いますよ♪

> 息子はこれでいいんですね。(^^)

> きっとこのまま、主人のように正義感の強い、

> 好きな女性や大事な物を守れる人になってくれると思います。

とありました。

はい、私は「これでいい!」と思います。

きっと素敵な男性に育ってくれると思いますよ。

これからが楽しみです♪

ミルクボーロさん、貴重なお話し、ありがとうございました。

メルマガのご許可もありがとうございます。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る