子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第789号 痛い思いをして知る

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は3連休の中日でしたね。楽しく過ごされているでしょうか?昨日の夜10時ごろは長野で震度6の地震があったようですが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしたでしょうか?どうぞ、被害が少ないことを願います。

さて、今日のメルマガは「痛い思いをして知る」としました。

“痛い思いをして、初めて知る”これは、誰もが経験していることだと思います。私自身、たくさん失敗して、その都度、痛い思いをしてきました。

でも(よく皆さんにもお話しするのですが)それがあったからこそ、今がある、と思っています。「全ては必要にして善」なのですね。

又、会員さんの多くも、過去に子育てで失敗してしまい、悩んだり、困ったり、苦しんだり・・・でも、それがあったから勉強して、改善され、「今は過去の悩みが嘘のように楽しく過ごせている」という方が沢山おられます。

ですから、皆さんにも「失敗は大事ですよ」「たくさん失敗をしましょうね」とお伝えするのですが、やっぱり“失敗したくない”“失敗は怖い”とお考えの方は沢山おられるようです。(しょうがないんですけどね♪)

ただこの「失敗をしたくない」は、ご自分だけでなく、子供にも「失敗をさせたくない」になってしまっている方が多くて、私は、それをとても心配しています。

それはなぜか?と言いますと、子供たちの成長に必要なのは、「何事もなく順調に成長する」ことではなく、これからの方が長い子供たちに、壁にぶつかったり、問題が起きたときに、「自分でそれを解決できる」ようになってほしいからです。

子供たちが成長していくと、必ず、問題にぶつかります。必ず壁にぶち当たります。必ず悩みが訪れます。困ることだって必ずあります。

でも、そんな困難や、悩みや、問題にぶつかった時、いつでも親が解決してあげる事はできないのです。

だから、自分で問題を解決していく、壁を乗り越えていく、その力を付けていく事が、成長する上では、絶対に必要なんですね。

自分で問題を解決するには、その“力”が必要です。何でもそうですが、何かが「できる」様になるには、その為の練習と積み重ね、そして成功体験が必要なんですね。

でも、子供に「失敗をさせたくない」と、親があれこれ指示したり、失敗させまいとすると、まず、子供が“失敗を恐れる”ようになってしまいます。

失敗が怖ければ、行動自体も減ってしまいます。行動が減れば、経験も少なくなります。結果・・・さまざまなものに二の足を踏み、「できない」が増えてしまったり、問題から目を背け、逃げ続けるしかなくなってしまうのです。

逃げ続けなければならない、って、すごく辛いんですね。

私がこうお話しすると、「私もそう思います。やはり過干渉はいけませんよね。ですから、私は『できるだけ干渉しないように』とアドバイスしています・・・」

と、子育てのアドバイザーをされている方からメールを頂くことがあるのですが、でも、これをたった一言「過干渉」と言ってしまうのも、すごく危険だと思うのです。

「過干渉しないように」と言われれば、多くの方は「じゃあ、放任がいいのね」と、二者択一をしてしまう傾向が強いです。

でも、けっして私は「干渉するな」と言っているのではなく、「失敗できるように見守ってあげてほしい」「失敗できるチャンスを失わないでほしい」とお願いしているのですね。

でも、それって、そんなに難しいことでは無いんですよ。親が子供をコントロールしようとしなければ、自然に失敗するチャンスは訪れるのです。

そして、失敗しても、そこで、失敗を叱るのではなく「△△しちゃったけど、○○が、すごくかっこよかったよ♪」のように、その後の対処や姿勢を褒めてあげたら、子供が持つ、自分の行動への印象は全然違ってくるのです。

それは、放任をしていたら絶対にできないことなんですね。

今、ありがたい事に、学校の先生や、幼稚園の先生、スクールカウンセラーの方などが、私の講座を学んでくださっています。

そして、ご自分のお子さんだけでなく、アドバイスをしてあげたお母さんに喜ばれたり、そのお子さんが生き生きと変り始めたり・・・と、嬉しいご報告を頂いています。

それは、私にとって本当に光栄なことなのですが、でも私のお願いはそれほど難しい事ではなく、“自然に逆らわない”“まずは肯定する”たったそれだけがベースになっているように感じます。

自然に逆らえば、無理が生じます。頭ごなしに否定してしまえば、不満や反感が生まれます。失敗があることが自然で、失敗をさせまいとする事は、不自然なんですね。

そして是非、失敗を肯定してください。子供の行動を肯定してあげてください。そこには必ず「学び」があるからです。“痛い思いをして知る”私は、それこそが大事♪って思っています。
御参考になりましたら嬉しいです(^^)

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
347 ■ 褒めて育てられる子は打たれ弱いの? ★★★
483 ■ 自信が育つ過程 ★★★★★
509 ■ 子供は一歩ずつ成長する ★★★★★
551 ■ 結果とプロセス ★★★★★
617 ■ 根気がない? ★★★★★
643 ■ 子供の成長と親の姿勢 ★★★★★
653 ■ 考える力 ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る