子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第582号 がっつりお母さん

こんばんは。パピーいしがみです。

今日、ご紹介するのは、以前このメルマガで

「まるえさんのレポート」と題してお送りした、

その“まるえさん”のコミュニティに書かれていた日記の文面です。

まるえさんは、ご自分の日記を多方面の(この講座をご存じない)方々

にも発信していて、そこに書かれている内容も、子育てだったり、

会社であった出来事だったり、上司(社長)とのやりとりだったり・・。

それは、とても面白いのですが、そんな出来事の発信を通じて、

沢山のお友達を作っておられます。

そこでたまたま、この講座の宿題について、日記を書かれていて、

偶然、私がそれを眼にして「ちょっと感動♪」だったので、

このメルマガでもご紹介させてほしいとお願いし、ご了解を頂いて、

今回、皆さんにお知らせさせて頂く事となりました。

早速、ご紹介しますね。

まるえさんは、こんな風に書かれていたんです。

ココから・・・

さて、「幸せなお母さん・・・」の講座では宿題がございます。

『5章  あなたに約束して欲しい。 1年後・・・・』

どんな 幸せなお母さんになりたいですか?

どんな自分になっていたいですか?

そのために、自分が出来る事。やったほうが良いと思える事。

一回目の宿題を出したのはかれこれ3年前。

母親としても、仕事の事も、あれもこれも叶えたい、

とばかりにいっぱい書いたら・・・

とにかく一つだけ、

一番こうしたい、というのにしたら?と・・・

で、選んだのが、「怒鳴らない、叩かないお母さん」

はい、今は滅多に怒鳴りません、まったく叩きません。

「お母さん」としては、相当なグレードUPを果たしました。

欲張っていろいろ書いたのが、読み返してみると・・・

今、全部叶ってる。

あ、でも、

「子供達が自信を持って

人生を歩めるサポートができるようなお母さん」

ってのは・・・壮大すぎて・・・まだ?かなあ?

当時の私は

「怒鳴る、罵倒する、叩く、蹴飛ばす」は日常茶飯事の

超超超ダメダメ母でした。

仕事と子供と学校と保育園。

父の闘病と死、母との不仲、喧嘩、娘はいじめから不登校。

泣き虫の息子。

「もおおーーー!!どおおおおして私だけ・・・。」

だーれも味方が居なくって、周りは皆「敵」

でも、パピーさんの

「出来なくて良い、出来ればもっといい」には本当に救われました。

学校に行けなくなった娘。

「行けなくても良い。行ければもっと良い」

すっかり勉強が遅れて、出来なくなってしまった娘。

毎日0点・・・。だんごばっかり・・でも・・・

「出来なくて良い。出来ればもっと良い」

泣き虫でぐずぐずとすぐ泣く息子。

「泣いても良い。笑ってればもっと良い」

学校で無理してた息子。ある日学校でぶち切れ。

「無理しなくて良い。君は君らしくいれば良いよ」

今は出来なくても良い。

「一つづつ少しづつ、自分なりに出来るようになれば良い」

そして、なんとなく、気付いた。

人と同じ何かが「出来る」「出来ない」って事と

学校の勉強が「出来る」「出来ない」って事と

この子が私のかわいい娘であることは全然関係の無い事なんだ。

この子が私のかわいい息子である事とは全然関係の無い事なんだ”

そして、

“私はこの子達のお母さんで良いんだ”

“子供達は子供達で良いんだ”

生まれて、39年たって、やっと気付いた。

私は私のままで、私らしい私で良いんだ。

これが私で良いんだ。

人と同じ事なんて、世の中になんにも無い。

支離滅裂で、攻撃的で、いい加減で・・・

でも、私らしく生きる事が私の幸せなんだ。

それで、子供達と一緒にいろいろやりたくなって

一緒に出来る習い事・・・

と思ってキック空手を始めましたが・・・

もう子供達は「一緒」じゃなくっても、良いみたい。

ちょっと寂しいけど・・・。

Cちゃんは「チャレンジ」で勉強やりたい。と言い出した。

S君はサッカーとそろばんをやりたい。と言い出した。

自分が何をやりたいか自分で決める。

子供って大きくなるんだ、成長するんだなあ・・・

先日会ったとある会社の社長婦人も言ってました。

68歳にしてお肌ピチピチ、お目目キラキラで

とってもチャーミングで笑顔がステキな方。

その方が

「一生、お母さんでも奥さんでも無いわよ!

不仲だの子供が言う事聞かないだの、悩むのも一生じゃないわ!

今は私は私。

仕事の手伝いはするし夫婦だけど、お母さんでも奥さんでも無いもの。

同志よ!同志!聞かれたら助言してあげれば良いのよ」

こんなふうに歳をとれるってかっこいいな。

子供の悩みは一生は続かないんだね。

どうしよう・・なんて悩んであげなくても良いんだね、

「こうするからね」って、自分で行くようになるんだね、

「どうしたら良い?」って聞かれたら、

「私はこう思うよ」って答えてあげれば良いのかな?

でも、まだまだ・・・

んにゃ・・もう少しはがっつりお母さんで・・いられるかな

がっつりお母さんでいたいなあ・・・

ココまで・・・

どうですか~♪ すご~くいいですよね。

これは私に下さったメールではなく「日記」です。

だから、まるえさんらしさが全開で、とっても面白い表現ですよね♪

でも、飾らずにご自分の気持ちを表して下さっていて、

すご~く今“楽しそう”“いい感じ”という雰囲気をビシバシ感じます。

特に、私が感動したのはココです。

> 人と同じ何かが「出来る」「出来ない」って事と

> 学校の勉強が「出来る」「出来ない」って事と

> この子達が私のかわいい子供であることは全然関係の無い事なんだ。

> そして

> “私はこの子達のお母さんで良いんだ”

> “子供達は子供達で良いんだ”

> 私は私のままで、私らしい私で良いんだ。

> これが私で良いんだ。

> 人と同じ事なんて、世の中になんにも無い。

> 支離滅裂で、攻撃的で、いい加減で・・・

> でも、私らしく生きる事が私の幸せなんだ。

支離滅裂で、攻撃的で、いい加減で・・・なんて、

前回のレポートの完成度から見ても、

決して私はそう思いません(^^)が、

人と同じ事なんて、世の中になんにも無い。

人と同じ何かが「出来る」「出来ない」って事と

学校の勉強が「出来る」「出来ない」って事と

この子達が私のかわいい子供であることは全然関係無い。

私は私のままで、私らしい私で良い。

“私はこの子達のお母さんで良い!”

“子供達は子供達で良い!”

なんてまさにその通り!です(^^)

それにこんな風にもありました。

> 当時の私は

> 「怒鳴る、罵倒する、叩く、蹴飛ばす」は日常茶飯事の

> 超超超ダメダメ母でした。

まるえさんは、3年前、

『5章  あなたに約束して欲しい。 1年後・・・・』

の宿題の時、私にこのようにメールを下さったんです。

> とにかく!

> ガミガミ怒ったり叩いたりしないお母さんになりたいんです!

> 子供達がいつでも前向きの気持ちになれるように

> フォローしてあげれる、そんなお母さんになりたいんです!

> 一年後もそれからもずうううっとそんなお母さんでいたいのです。

> だから、頑張りたい。

> 自分自身、こんな年なのにまだまだ未熟です。

> 未熟ですけど、一年間宜しくお願いします。m( _ _ )m

って。

でもすごいよね♪大きな目標だと思ったけど、

> はい、今は滅多に怒鳴りません、まったく叩きません。

> 「お母さん」としては、相当なグレードUPを果たしました。

> 欲張っていろいろ書いたのが、読み返してみると・・・

> 今、全部叶ってる。

って、すごいです。勢いを感じます(^^)

まるえさんにメールをして、

「とっても良い感じですね。

メルマガに紹介させていただいても良いですか?」

とお伺いしたら、即答でご快諾頂いて、

一緒に、ちょっとしたエピソードも教えてくださいました。

それが又、本当にうれしくて、

ちょっとご紹介させてくださいね。

ココから・・・

( 前 略 )

あと、ご報告しようと思っていた事もあります。

今年の夏休みの宿題は2人ともやる気満々で、

うるさく言わなくてすんなり片付いちゃったんです。

自由課題は 娘がポスター(ポイ捨て&水を大切に)の2枚。

息子がポスター(環境ポスター)とお米についての作文。

息子の作文ですが「書けない書けない」の一点張りでしたが

以前の「作文」についてのメルマガを参考にして・・・

なんと3枚も書きました。

どれも、とっても「良い出来♪」と親ばか丸出しで褒めちぎりました。

そして・・・二人の作文とポスターがまだ帰ってこないんです^^

息子の作文の行き先はわかりませんが、

他の子たちは帰ってきてるので

きっと優秀だからどこかに回ってるに違いない、

と親ばかな私は思っています。

(あ、息子のポスターの方は即、帰ってきました~)

娘のポスターは校内で優秀ポスターに選ばれたらしく、

各校展示といって、市内の小学校を回っているそうです^^

そして、それを私に知らせてくれたのが、

なんと、転任してしまった3年生の時の担任の先生なんですよ!

びっくりしました。

優秀ポスターに選ばれた事もですが

転任してまで娘の事を気遣ってくれる先生が居るって事に。

「今日うちの学校にCちゃんのポスターきましたよー!

元気そうで嬉しかったー!」って・・・

感激でした、感謝でした、ずっと気にしててくれたんだ、って。

書いてる今も、思い出し泣きしちゃいます(。^^。)

息子は9歳になり、最近言葉遣いも荒くなり・・行動も荒くなり・・

女手一人としてはちょっと不安もよぎったりします。

でも、「この子はこの子」で、きっと大丈夫だと思えます。

私「自信を付けたお母さん」になりつつありますね♪

はい!自信がもたらすスバラシイ効果を実体感してます!

ココまで・・・

まるえさんのメールにこんな風にありましたよね。

> 当時の私は

> 「怒鳴る、罵倒する、叩く、蹴飛ばす」は日常茶飯事の

> 超超超ダメダメ母でした。

> 仕事と子供と学校と保育園。

> 父の闘病と死、母との不仲、喧嘩、娘はいじめから不登校。

> 泣き虫の息子。

> 「もおおーーー!!どおおおおして私だけ・・・。」

> だーれも味方が居なくって、周りは皆「敵」

でも今は・・・全然違いますよね(^^)

子供達2人もやる気がみなぎっているみたいだし、

まるえさんご自身も絶好調のようです♪

善循環もしっかり回り始めていますし、

S君も、徐々に「男」として成長しているようです。

良いんですよ。言葉づかいも行動も荒くなっても。

家庭の中で、たった一人の「男性」ですからね。

きっとたくましく成長して、

まるえさんを守るスーパーマンになるはずです。

> でも、「この子はこの子」で、きっと大丈夫だと思えます。

> 私「自信を付けたお母さん」になりつつありますね♪

> はい!自信がもたらすスバラシイ効果を実体感してます!

はい、私も大丈夫!だと思います。

まるえさんは、きっとこの先も、

「がっつりお母さん」でいられると思いますよ(^^)

まるえさん、メルマガへの掲載のご許可、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る