子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第277号 出来るようになるだけじゃ無いんです

こんばんは。パピーいしがみです。

いよいよ昨日から9月に入り、「明日から子供達は学校です!」

と言われる方も多いかもしれませんね。

以前、メルマガで、

『夏休み、頑張ったことがあったら、是非、教えてくださいね~』

とお願いしたところ、沢山頂きました。

ありがとうございます。

さて、今日はそんな中から、ふたごっちさんからのお便りを

紹介させて頂こうと思います。

ふたごっちさん、というくらいですから、

あなたのご想像通り、ふたごちゃんのお母さんです。

私は、経験がないのですが、お子さんがいっぺんに2人ですから、

いろいろ大変だったと思います。

でも、ふたごっちさんって、

なんかとっても穏やかなんですね。

今、3歳の女の子のお母さん、ふたごっちさんの

『夏の思い出』です(^^)

ココから・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。ふたごっちです。

先日は返信メールありがとうございました!

つたない文章で送らせて頂いたフォローメールの感想、

(あとで読み返してみて、

もうちょっと上手く書けなかったかなと思ったくらいです)、

まさか返信メールが届くなんて思ってなかっただけに

本当に嬉しかったです。

メールでパピーさんがおっしゃってましたよね、

> 「できなくてもいい、出来ればもっといい」と、

> 細くとも続ける事だけを考えて、進めていくと、

> 自然と最後まで到達できるようです。

と…

この言葉を聞いて気持ちがとても楽になりました。

講座、頑張って最後までやり遂げられそうです(*^_^*)

テキストを受取ってからというもの、

楽しく学ばせていただいてます。

僅か10分間が、自分自身を振り返る貴重な時間にもなってます。

今日は良いお知らせがあるのでお話したいと思います。

講座を申し込む前のこと、

毎日週2回のメルマガとバックナンバーを拝見してる

うちに刺激を受け、

「よし!私も娘達(3才の双子)にもっと自信をつけさせてあげたい」

そう思うようになりました。

それで、今出来ないことができるようになったら、

自信につながるだろうなぁ…

でも何をさせよう…

子供達がいま興味を持ってることって何?

喜んで挑戦してくれそうなことってどんなこと?

そしてあまり時間をかけずに子供達が

「やった!できた~!」って

ほんの少しでも実感ができるようなことって…?と考えてみました。

で、思い付いたのは「ブランコを1人で漕げるようにする」でした。

2人ともブランコが大好きなのに、

なかなか説明しても上手く出来ないどころか、

あまり自分で漕ぐ気もないようで、

すぐに「ママおして~」と言う始末…なので、

きっとブランコに1人で乗れるようになれば

自信がつくんじゃないかなぁ?

もしかしたら、

内弁慶の性格も少しは外で積極的になれるかなぁ…

そんな期待を抱きつつ、早速公園に…。

公園に着き、しばらくするとブランコに向う娘達…

「よしきた~!」

と私もいつになく張り切って娘達と並んでブランコに乗りました。

今まではブランコが動くタイミングに合わせて

「足を後ろ、ほら、今度は足を前に出して…次は後ろ…前、

後ろ、前、後ろ…交互にやればいいんだからね。」と、

時々、手で足を前後に軽く動かしてあげながら、

口でばかり説明してました。

でも、

『やって見せ 言って聞かせて させてみて

褒めてやらねば人は動かじ』ですものね。

なので、この日は

「見て見て~こうやって漕ぐんだよ~ほら、

足を伸ばして~引っ込めて~ねっ!ママ上手?

うぁ~気持ちいい~!いいでしょう~?

1人で漕げると楽しいよ~〇〇ちゃん達もやってごらん!」

って具合に…

この時気がついたんですが、

口で説明ばかりしてたときには、足の動きしか頭になかったのに、

実際に自分でやってみて、

足の動きだけじゃなく、上半身の体の使い方や、

元気良く楽しんで漕ぐ…という気持ちも必要なんだなって

気がついたんです。

それで、実際にやって見せた後、

「足を前に出す時は、腕を伸ばして体は少し後ろに倒してごらん、

足を後ろに引く時は、体を少し前に倒すんだよ~

そうそう!もっと元気いっぱいに体動かしてみて~!」と、

手取り足取り…

そしたら、妹の方が先に少しコツが掴めたらしく、

ほんの少し自力で揺らすことが出来たんです!

見てる私の方が嬉しくて

「〇〇ちゃん凄~い!今自分でブランコ揺らしてるよ~

ママは何もして無いよ~自分1人で漕いでるんだよ~

凄いね!上手~!」と、

それはそれは興奮しながら褒めました。

そしたら隣りにいたお姉ちゃんの方も、

やる気をだしたらしく、

じわりじわりと自力で漕ぐことが出来たんです!

もちろん、妹の時と同じく、思いっきり褒めまくりました。

この日はブランコを漕ぐコツを掴み、

ほんのわずかでしたが、

1人で揺らせることが出来たところで帰りました。

帰り道、

「やったね!出来たね!

自分でブランコ漕げると凄く楽しいでしょう!

出来なかったことが出来るようになると嬉しいね~

次は、もっ上手に漕げるよ~また公園行こうね!」と言うと、

2人ともニッコリ!

次の日、また公園へ…

今度は最初から自力でブランコを漕ぎ始め、

少しづつ少しづつ揺れが大きくなり、

とうとう私の手を借りずに漕ききることが出来ました(妹の方)。

お姉ちゃんの方も、最初の漕ぎ始めだけ軽く押してあげたものの、

その後は1人でずっと漕ぎ続けてました。

もちろん、私が2人を褒めたのは言うまでもありません。

そしてその後、主人やおばあちゃんにも、

ブランコを漕いで見せることができた娘達…

「凄いね~上手になったね~」と褒められる度に、

“自信”がついたんじゃないかなぁ、と思います。

今までなかなか自分で漕ごうともしなかった苦手なブランコが、

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば…」

の言葉通りに実践したら、

たったの2日で出来るようになって、私自身本当に驚きました。

「出来なかったことができるようになったら、

他にも、もっと色んなことができそうな気がしない?」

と聞いたところ

「うん!出来そうな気がする!」と元気に答えてくれた娘達。

…なんだか少し、頼もしくなったように感じられます。

文章を書くのが苦手なので、上手くまとめられず、

長々とすみませんでした。

これからも、無理のない目標をたてて、

子供達に色々なことにチャレンジさせ、

“自信”をつけさせてあげたいと思います(^O^)

お忙しい中読んで下さってありがとうございました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

ふたごっちさん、メルマガ掲載へのご許可、ありがとうございます。

ふたごっちさんは、まだ、学び始めて間もなく、

ほんとうに素直に、実行されていますね。

子供達も、ふたごっちさんの努力とともに、

『出来ない事が出来るようになる喜び』を感じてくれているようです。

来年の1月に幼稚園で縄跳び大会があるらしく、

ブランコが出来るようになった今、

縄跳びに挑戦しはじめているようです。

縄跳びも楽しく出来るようになるといいですね。

そして、ふたごっちさんはいい発見をされましたね。

> 今まではブランコが動くタイミングに合わせて

> 「足を後ろ、ほら、今度は足を前に出して…次は後ろ…前、

> 後ろ、前、後ろ…交互にやればいいんだからね。」と、

> 時々、手で足を前後に軽く動かしてあげながら、

> 口でばかり説明してました。

> でも、

> 『やって見せ 言って聞かせて させてみて

>  褒めてやらねば人は動かじ』ですものね。

> なので、この日は

> 「見て見て~こうやって漕ぐんだよ~ほら、

>  足を伸ばして~引っ込めて~ねっ!ママ上手?

>  うぁ~気持ちいい~!いいでしょう~?

>  1人で漕げると楽しいよ~〇〇ちゃん達もやってごらん!」

> って具合に…

> この時気がついたんですが、

> 口で説明ばかりしてたときには、足の動きしか頭になかったのに、

> 実際に自分でやってみて、

> 足の動きだけじゃなく、上半身の体の使い方や、

> 元気良く楽しんで漕ぐ…という気持ちも必要なんだなって

> 気がついたんです。

実はね。

ふたごっちさんは、まだ気がついていないと思いますが、

このお母さんの教え方。

これが、この子供達に、

「誰かに教える時にはこうやってやるんだよ」

って教えてあげているんです。

「名選手、名監督にならず」ということわざがありますが、

簡単に出来てしまうと、悩んだり考えたりしないので、

どこをどう注意したのか、どういうイメージでやったのか?

なんて記憶に残らないのですね。

ところが、お母さんが子供さんに

「やって見せ、いって聞かせて、させてみて、褒めて・・・」

と教えてあげることで、

又それに従って、子供さんが出来るようになることで、

子供さんも友だちなどに教える時に、同じようにやり出すんですよ。

そうすると、出来なかったお友達が、

自分のアドバイスで出来るようになった時、

これがとっても嬉しいのです。感動を共有するんですね。

そして、教えてもらった子は、教えてくれた子にとっても

感謝するんです。すごいでしょ?(^^)

これって絶対に、『親が与えることが出来ない感動』なんですよ!!

こういう所からも、すばらしい経験や、

とってもいい関係の友達ができていくんですね。

もちろん、それは幼少の時だけではありません。

小学校に入っても、中学、高校でも、成人してからも

誰かに教える事になった時、同じようにやるんです。

当然、こういう形で教えられると、教えられた人達はみんな、

喜びを持って、楽しんで出来るようになりますよね。

そうするとね。本当にみんなから喜ばれ、感謝され、

いい友達がいっぱいできるんですよ。

ね~、これってものすごい財産だと思いませんか?

そう。お母さんは、

「出来ないことを出来るようにしている」

だけでなく、教え方も一緒に教え、

将来的に、子供達が受けるであろう、『幸せや喜び』を

受け入れてもらえる準備をしている事でもあるんです。

そうやって考えると、教え方も重要だ~!って思いますよね!!

そう。お母さんの仕事って、無駄なことはひとつも無いんですね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る