子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第51号 あなたなら・・・どうしますか?

今日は、メルマガをお読みのあなたに「あなたなら・・・どうしますか」

というご質問を投げかけたいと思います。

実は会員さんから下記のようなお便りを頂きました。

私自身は、私だったらこうするなぁ。という思いはあるのですが、

「そうだ!メルマガをお読みのあなたならどうお考えになるかなぁ?」

と、とても興味を持ったのです。

あなただったらどうしますか?

よろしかったら、このメールにご返信ください。

次の木曜日にご紹介させて頂きます。(匿名で結構です)

・・・・・・・・・・・・・

こんばんは、パピーさん。

フォローメールやメルマガを読むといつもメールしようと思うのですが、

なかなか筆不精で・・・。

 

今回の第10章に関連した体験を最近したので、

私が感じた事を書いてみます。

パピーさんならどう感じるでしょうか。

 

初めて行った公園での出来事です。

私は3人の子供(3歳と2歳の双子)とあずまやで休憩していました。

 

そこには私達のほかに、小学の低学年位の女の子3人と、

その中の1人の子供の母親がいましたが、

なにやら母親が「自分の子供を仲間はずれにするな!」と

2人の女の子を怒りだしたのです。

 

どんな経緯があったのかはわかりませんが、母親の言動は、

「いつも3人で遊んでいても、○ちゃん(その母親の子供)

は仲間外れにされて1人になっている。

○ちゃんが傷ついて泣いているのを知らないでしょ!

悪いと思ってないでしょ!」

といったようなものでした。

 

そして、その母親の子供はそんな母親に

「もう許すからやめて」といっていました。

 

私はこのやり取りを聞いていて私ならどうするだろうか考えました。

 

まず、この場合、深刻ないじめとは思わないけど、

この母親としては我が子を守ってやるつもりでの行動だったのでしょう。

しかし別の対処のしかたがあったのではないだろうか、と思いました。

こんな風に相手の子を攻めたてても状況が良くなるとは思えません。

この母親はわが子をかばったつもりでも、

子供は「やめて」と言っている事を考えると、

こんな風にして欲しくなかったのでは?と思いました。

仲間はずれにした子供達の気持ちにも目を向けると、

なぜそのような状況になったのか見えてくるのではないか、

とも思いました。

 

パピーさんの言うとおり、

いじめ(このような仲間はずれ)も絶対になくならないし、

子供の人生を親がどうにかできるものではないんですから、

やはり自信をつけてあげることがとても大事なんだ。と思いました。

(いじめに巻き込まれないのが一番ですが・・・)

私の子供達もすぐに大きくなり、思春期を迎える頃には、

何度かは困難な状況もあるかもしれない。

それでも踏ん張り、明るく、前向きに、たくましく生きていって欲しい。

そのためにも、今、子供が小さいうちから家庭の日常の中で

「認めて、褒めて、包む」ことを成長に合わせて実践することが、

何よりも必要なのだと感じました。

そして、このことはゆるぎない私の子育ての考え方・行動の核だ

と感じたのです。

自分の子育てに自信が持てなかったけど、

漠然としていた私の気持ちをパピーさんが整理してくれているようで、

毎回目からうろこです!

常に冷静に見守る姿勢を見失わず、

今しかできない子育てを十分に楽しみたいです。

 

幸せなお母さんになることは、きっとわが子のことだけでなく、

自分を取り巻く全ての人を認めることができるだろうし、

視点・発想の転換が容易にできて、

器の大きい心の広い人にもなれるであろうと確信しています。

幸せの連鎖をつかみかけている感じです。

パピーさん本当にありがとうございます!

(「幸せなお母さん」この言葉とても気にいっています!)

・・・・・・・・・・・・・・

嬉しいお便りと、とてもいい題材をありがとうございます。

 

もう一度おさらいしてみましょう。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

初めて行った公園での出来事です。

私は3人の子供(3歳と2歳の双子)とあずまやで休憩していました。

 

そこには私達のほかに、小学の低学年位の女の子3人と、

その中の1人の子供の母親がいましたが、

なにやら母親が「自分の子供を仲間はずれにするな!」と

2人の女の子を怒りだしたのです。

 

どんな経緯があったのかはわかりませんが、母親の言動は、

「いつも3人で遊んでいても、○ちゃん(その母親の子供)

は仲間外れにされて1人になっている。

○ちゃんが傷ついて泣いているのを知らないでしょ!

悪いと思ってないでしょ!」

といったようなものでした。

 

そして、その母親の子供はそんな母親に

「もう許すからやめて」といっていました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

どうもわが子が仲間はずれにされているみたいです。

あなたはそこに居合わせています。

あなたならどうされますか?

このメールにご返信頂いて結構です。

どうぞ、あなたの気持ちを教えてください。

(考える事はとっても大切な事です。そしてそれを文字にすることも。

是非、お考えを送ってくださいね。待ってます。)

 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る