子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第59号 復活のきっかけ

今日は前回からの続きです。

自分に自信がもてず、いじめられていた男の子が大人になる過程で

どうしてそんなポジティブな考えを持ち行動できるような人に

なったのか・・・?

私は、それを聞いて、とても感動したのでした。

さあ。お待たせいたしました。

今日はその理由。

何があったのか?

お伝えさせて頂きます。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

パピーさん、こんにちは。

 

 

先日のメールで、とても大事な事を書き忘れていたので追記します。

弟が変わるきっかけです。

自分に全く自信がなかった弟ですが、あることを機に変わりました。

それは、演劇です。

学校の発表会の劇で主役を演じ、

担任の先生に心から褒められたことでした。

「お前すごいな!素晴らしいよ!感動したよ」と

本当に涙を流しながら

演技を褒めてくれたそうです。

今はいないのかな?熱血タイプの若い男の先生でした。

弟はその先生が大好きで、

学校の話となるとその先生が出てきました。

 

その先生に褒められてうれしかったのでしょう。

学校の演劇には、全学年で参加し、そのまま専門学校へ。

そして、現在も演劇のプロになるべく勉強中です。

周りから「大変だぞ」「食べていけないぞ」

「無理だ」といくら言われても続けています。

 

心から褒めてもらえたこと。

これで、本当に弟は変われたんだと思います。

 

講座の中で教えていただいてること、

本当に納得ができることがいっぱいです。

弟のこういった体験も、年月の経過のなかで

薄れて行っていましたが、

新鮮な気持ちで思い出し、今までとは違い、

前向きな考えで捉えることができました。

 

この講座はやっぱりすごい!

と感じたしだいです。

 

それでは、また長くなりましたが

この辺で失礼いたします。

 

ココまで・・・・・・・・・・・・

貴重なお話をありがとうございます。

私が「褒めることの力」を知ったきっかけも

たった一言で「がらっ」と人が変わったように、

第三者からの褒め言葉、または「認める行為」

これは爆発的な力があります。

テキスト中では、褒めるときには「真剣に」

と言うことを述べておりますが、

今回のこの体験はその最たるものですね。

先週、今週と過去の体験をお話頂きましたが、

「認める」「褒める」は誰でもできます。

たった数語の言葉。

その誰でもできるはずの

このたった何文字かが言える親の子供と

言えない親の子供では、大きな隔たりができるのです。

是非、そのたった数語の

大きな力を身につけてください。

それは、必ずあなたに幸せをもたらします。

 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る