子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第756号 新しい世界は、案外楽しい

こんばんは。パピーいしがみです。

先日、頂いたご報告の中から、「あ、これは、皆さんにお知らせした方がいいな♪」と感じたことがありましたので、ご紹介させて頂こうと思います。

子育てをしていると「上手くいかない」と感じること。または「なぜ、そんなことをするの?(こうすればいいのに)」と感じることがあると思いますし、又、それでイライラしてしまうこともありますよね。

ですが、それってご自分の中に「こうするもんだ!」や「こうした方がいいのに・・・」という、すでに長年経験を通じて知っている、私達なりの先入観があるからなんですね。

ところが、子供達には、それがありません。実は、ここの部分。多くの方が「分かっている」と思っているけど、「実は分かっていない」ところなんです(^^)

今回のrimaさんのメールで、そこに気付いてくださると、ちょっとイライラが減ったりするかもしれません。rimaさんからは、こんな風にご報告いただいたのです。

ここから・・・

ごぶさたしています。rimaです。パピーさんにご相談にのっていただいてから今までですが、大分、かわったような気がします。娘も私も。

やりづらいことにイライラしたり、ほかの子と比較してたくさんひどい言葉言いました。本当にひどい母親だと思います。

でも、娘に対して見方がかわったというか・・・性格もあるし、十人十色なのだと。

たとえば・・・「たくさんほめてあげる」ということは、小さい時からしてきたつもりでした。でもうちの娘は喜ばないし、何かしっくりこない。

あるとき絵を描いていて、すごい!上手ね!とほめると怒り出し、クシャクシャとしてポイってほったこともありました。

こういうことから「やりにくい」と感じていたのですが、最近わかったのですが、娘は“自分ができた”と感じたことでないと、ほめられたくないみたいです。

パズルができたり、ほめてほしいときは「ママみて!」というのでほめると喜びます。

でもこの前、髪の毛を自分でくくるとやりだし、30分待ちましたができません。その間、娘はできないことに怒っています。(いつもはここで私がブチッときていました)

とうとう泣き出し、私「うまくできなかったねぇ。」娘「そんなんいわんといて!」私「でもくくろうとがんばったのえらいねぇ。」娘「もうしゃべらんといて!ほめんといて!」という感じで、できないことはこんな感じです。

娘なりにほめてほしいとき、ほめてほしくないときがあるのだなぁと思いました。そう思えるようになっただけで、私自身が怒る回数が減りました。

又、この前、Aちゃん宅へクリスマス会に行きました。Bちゃん、私と3家族が集まり、その時の様子ですが、最初は緊張気味だったみんなですが、途中からAちゃんとBちゃんは走り回ったり、おおはしゃぎ。

うちの娘はテント(ぽぽちゃんのおうち?みたいな)に入ったまま出てきません。「おいで」と言っても「ここで遊びたい」と言って出てきません。何をしてるかというと、お人形遊び。

家でもそうですが、とにかくお人形やままごとが大好きです。弟のトミカ、鉛筆、化粧水・・・、とにかく何でも人形に見立ててごっこ遊びをしています。本人も大好きと言っています。その間は夢中で人の話も耳に届きません。

それからしばらくして、あきたらテントから出てきて、今度は絵を描きだしたり。

Aちゃんのノートを使おうとして、Aちゃんが「これはいやだ」と泣きだすと、うちの娘も「貸してくれないといやだ」と泣き出しました。

以前の私はそんな娘が嫌でした。私の育て方が悪いせいで、おとなしくなってしまった、活発ではなくなったとずっと思っていました。

こういう集まりの帰り道には、きまって「1人で遊んで楽しい?みんなに合わせるとか一緒に遊ぼうとしないの?」とかイライラをぶつけていました。

でも今回は不思議とイライラしませんでした。パピーさんの講座で勉強させていただいた通り、前向きに考えることにしました。

・今までの見方→ みんなと遊べない。協調性がない。私の育て方のせい。

・前向きな見方→ 自分のペースを大事にする。これと決めたことは譲らない。おもちゃがなくても何でも人形に見立ててごっこ遊びができる。

保育園では特定のなかよしさんはいませんが、先生の話では、自分が今したいことをしている友達のところに行って遊んでいる、とのこと。

私が娘によく心配していることも先生は把握してくださっていて、「なかよしさんがいなくていつも一人でいるようであれば、お母さんに報告しいますが、たいていは遊びたいことをしている友達と一緒ですよ、特別心配と感じたことはないです」とおっしゃっていました。

これに関してもいつか、「自分に合う友達を自分で見つけていくだろう」と見守ることにしました。

いろんなお母さんから、うちの娘は「おとなしいよね」とか「恥ずかしがりよね」とか言われるのが本当に苦痛でした。でも、最近は「おとなしくて何が悪い」と考えるようにしました。

家ではしっかり怒るし、しゃべるし、元気だし、ごっこ遊びだけじゃなく、走り回ったり、大好きなジャングルジムで遊んだり、ただ人見知りがあるだけ。今だけかもしれないし、それを悪い風に考えるのはやめようと。( 後 略 )

ここまで・・・

今まで、rimaさんは、“やりづらいことにイライラしたり、ほかの子と比較してたくさんひどい言葉言いました。本当にひどい母親だと思います”と書かれていましたが、

今までのrimaさんは、やはり「こうしたらもっといいのに」「なぜ、そんなことをするの?」とか、「上手くいかないな~」と感じることが多かったようです。又、それをご自分の育て方でそうなってしまった、と自分を責めたこともあったようです。

でも、子供にも感情がありますし、「楽しい」と感じるポイントや、「うれしい」と感じるポイントも、人それぞれなんですね。

rimaさんが、今回、気付いてくださったのはその部分なんです。「親子でも、感じるポイントは違うんだ」って事です。

親がどんなに「こうすればいいのに」と思っても、子供からすると「そんなことしていても楽しくない・うれしくない」と感じる事だってあるんですね。特に、それを顕著に表している部分がここです。

“とうとう泣き出し、私「うまくできなかったねぇ。」娘「そんなんいわんといて!」私「でもくくろうとがんばったのえらいねぇ。」娘「もうしゃべらんといて!ほめんといて!」という感じで、できないことはこんな感じです。

娘なりにほめてほしいとき、『ほめてほしくないときがあるのだなぁ』と思いました。”

はい、多くの方が「褒めてあげればうれしいだろう」と思っています。が、そんな事はないんですね(^^)

もし、私達がいつも当たり前にしている事に対して、「○○できて、えらいね~」などと言われたら、「バカにしてるの?」って思いますよね。褒められてうれしい、どころか嫌味にさえ感じます。

同じように、子供達にも、褒められてうれしいポイントがあって、これは、精神年齢が高い子や、向上心の強い子には、よくあるケースです。

そんな風に「子供は、親と違う視点を持っている」と言う事。そして「違っていいんだ」と言う事。それと、「そこが分かると楽になれますよ♪」をお伝えしたかったんですね。つい最近、rimaさんから頂いたメールにはこうありました。

ここから・・・

私、パピーさんに聞いてもらいたいことたくさんありすぎて、長文になってしまって大変申し訳ないのですが、本当に本当に感謝しています。

最初に送ったメール、うまくいかないイライラをぶつけてしまったみたいで、とても恥ずかしいですが、丁寧にお返事くださってありがとうございます。

私、今まで「子育てって親も育てる」っていうけど、いまいちよくわかりませんでした。「こんなにがんばってるつもりなのにどうしてうまくいかないの!」という思いが強かったです。

つい厳しく怒っちゃうときも今でもありますが、そういうときも気持ちの切り替えが早くなりました。

やってしまったけど、落ち込むけど、「こんなのは今までもたくさんあったし、でもまた楽しい生活になってるやん」って。こういうこととか子供への見方が変わったことが「あぁ、自分も学ばせてもらってるんだなぁ」って感じるようになりました。

今までずっと後ろ向きな考えから抜け出せなかった私ですが、パピーさんに出会って少しずつですが、変われそうな気がするんです。こんな気持ち、人生で初めてだと思います。

本当にパピーさんに出会えてよかった!感謝の気持ちでいっぱいです。今、充実してて毎日が楽しいです。

次の休みは何をしようかな、どこいこうかな、おやつ何作ろうかな、とかたくさんやりたいことばかり。これからももっともっといいご報告ができるように、楽しく毎日を子供たちと過ごしていきたいと思います。

ここまで・・・

うれしいですね~(^^)

“今までずっと後ろ向きな考えから抜け出せなかった私ですが、 変われそうな気がするんです。こんな気持ち、人生で初めてだと思います。今、充実してて毎日が楽しいです。”とありましたね。

すばらしい♪そんな、充実していて、毎日が楽しい、人生で初めて味わっている感覚・・・に関われて、私もとてもうれしく思います。

“次の休みは何をしようかな、どこいこうかな、おやつ何作ろうかな、とかたくさんやりたいことばかり。”いいですね~(^^)

家族で沢山の楽しい思い出、作ってくださいね♪そして、又、ご報告いただけたらうれしいです。今回は、貴重なご報告、メルマガ掲載のご許可を、ありがとうございました♪

 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
101 ■ 友達に殴られちゃった ★★★
150 ■ お母さんの不安は子供が瞬時に察知する ★★★★★
245 ■ 幼稚園に行きたくない! ★★★
607 ■ 新入園の様子 ★★★★★
613 ■ 不安大敵♪ ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

関連記事

ページ上部へ戻る